シュローダー・エマージング株式ファンド(1年決算型)愛称:『かぶしき花子』

追加型投信/海外/株式 自動けいぞく投資可能シュローダー・エマージング株式ファンド(1年決算型)愛称:『かぶしき花子』

日本経済新聞掲載名:花子1年


設定日:2007年04月27日 信託期間:無期限 決算回数:年1回
基準日:2015年07月14日(速報値)
基準価額前日比分配金情報
11,161円 205円 0円(2014年11月17日)

ファンドの概要


ファンドの目的

ファンドは、主としてシュローダー・グローバル・エマージング株式マザーファンド受益証券に投資し、長期的な信託財産の成長を目的に積極的な運用を行います。

ファンドの特色

    • MSCI エマージング・マーケット・インデックス*1の構成国の株式を実質的な主要投資対象とします。

*1MSCI(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル)Inc.が開発した株価指数で、エマージング諸国の株価指数を、各国の株式時価総額をベースに合成したものです。 
当指数に関する著作権、およびその他知的所有権はMSCI Inc.に帰属しております。MSCI Inc.が指数構成銘柄への投資を推奨するものではなく、MSCI Inc.は当指数の利用に伴う如何なる責任も負いません。
MSCI Inc.は情報の確実性および完結性を保証するものではなく、MSCI Inc.の許諾なしにデータを複製・頒布・使用することは禁じられております。

    • 投資対象はこれらの国に限定されないほか、運用者の判断で見直される場合があります。
    • MSCI エマージング・マーケット・インデックス(円ベース)*2をベンチマーク*3とします。

*2MSCI エマージング・マーケット・インデックス(米ドルベース)をもとに、シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社が独自に算出したものです。

*3ファンドのパフォーマンス評価やポートフォリオのリスク管理を行う際の基準となる指標のことです。株式市場の構造変化等によっては、ファンドのベンチマークを見直す場合があります。

    • 実質外貨建資産については、為替ヘッジを行いません。
    • 資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。
    • 運用はファミリーファンド方式で行います。マザーファンドの運用にあたっては、シュローダー・インベストメント・マネージメント・リミテッドに外貨建資産の運用の指図に関する権限を委託します。

2014features

MSCIのデータに基づきシュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社が作成 23カ国 2014年11月末現在
※構成国は変更されることがあります。

ファンドの仕組み

ファミリーファンド方式とは、投資者からの資金をまとめてベビーファンド(シュローダー・エマージング株式ファンド(1年決算型))とし、ベビーファンドの資金をマザーファンド(シュローダー・グローバル・エマージング株式マザーファンド)の受益証券に投資して、実質的な運用をマザーファンドで行う仕組みです。ただし、市況動向等によっては、株式等に直接投資することがあります。

structures

ファンドの運用基本方針・運用責任者等

分配方針

年1回の決算時(原則11月15日。休業日の場合は翌営業日。)に、収益分配を行います。

      • 分配対象額の範囲は、経費控除後の繰越分を含めた利子・配当収入と売買益等の全額とします。
      • 収益分配金額は、分配対象額の範囲内で、委託会社が決定するものとし、利子・配当収入等を中心に分配することを基本とします。

dividend_policy

※上記はイメージ図であり、将来の分配金の支払いおよびその金額について示唆、保証するものではありません。

※基準価額水準・市況動向等によっては分配を行わない場合があります。