経済&市場見通し(定期)

3分でわかるラテンの今「米トランプ政権の貿易政策とメキシコ」

2018年04月03日

 

■ 今週の着眼点 ■

米トランプ大統領は3月上旬、安全保障上の理由から鉄鋼やアルミニウムに対して高い関税を課す方針を示し、また下旬には中国に対して「通商法301条」を発動しました。これら措置に対しては、中国や欧州をはじめ世界から批判が高まっています。

今週のラテンアメリカ地域レポートでは、米トランプ政権による貿易政策がメキシコに与える潜在的な影響について考えます。

  • 2016年11月に米トランプ政権が誕生し、翌2017年の5月には北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の意向が示されて以降、米国、カナダ、メキシコの3ヶ国の間では、関税、原産地規則、サービス貿易、貿易救済措置など幅広い分野での協議が進められています。
  • 3ヶ国はこれまで2018年第1四半期を目途に合意を目指してきましたが、3月以降も交渉を継続する見通しです。一方、メキシコでは7月に大統領選挙や議会選挙を控えていることから、選挙結果によっては3ヶ国の合意が困難になり、再交渉が長期化する可能性も考えられます。
  • 再交渉では進展がみられる一方、依然として多くの分野では合意に至っていない状況で不透明感も残されており、結果として3ヶ国が最終的に合意に至るまでには依然として時間がかかる見通しです。一方、メキシコと米国の貿易関係は多岐に亘っていることから、今後、両国の貿易関係が縮小するような状況は考えにくい、結果としてメキシコ経済が大きくマイナスの影響を受ける状況は考えにくいと考えています。

【メキシコが米国経済にとって重要である主な理由】

  • 米国にとってのメキシコは、① 中国、カナダに次いで第3位の貿易相手国、② カナダに次いで第2位の輸出相手国、③ 中国に次いで第2位の輸入相手国であること¹
  • 企業活動をみると、米国企業は 1,400億ドル 規模の中間財をメキシコから調達し、メキシコ企業は 1,110億米ドル 規模の中間財を米国から調達しており、米国、メキシコともに企業活動での相互依存が進んでいること²
  • 米国では、約490万人の雇用がメキシコとの貿易に依存しており、2国間の貿易が滞った場合には、米国では約490万人がその影響を受ける可能性があること³
  • メキシコによる米国へ直接投資額は2007年以降、2倍前後にまで拡大しており、全米50州、建設や鉱業をはじめメディアや金融サービスなど幅広い産業において、12万人超の雇用を創出していること⁴
  • 米国企業によるメキシコへの投資は米国内での雇用創出につながっており、米国内での雇用喪失を招いていないこと。例えば、1990年から2009年の期間をみた場合、メキシコで活動する米国企業が雇用を10%増加した場合、米国内での雇用で約1.3%、米国からの輸出で約1.7%の増加につながったとの調査結果も得られています⁵

 

※上記は過去の実績であり将来の推移を示唆・保証するものではありません。
※上記は米国の貿易政策がメキシコの輸出関連企業の株価に潜在的に与えているないしは今後与えうる影響をご理解頂くことを目的として、メキシコ・ボルサ指数の構成銘柄を対象に主要な輸出関連企業の銘柄の株価を例示するものであり、当該銘柄の売買の推奨等を意図するものではありません。銘柄の選択にあたっては、同指数を構成する銘柄において、売上全体に占める海外での売上の比率が最も高い企業を選択しています。また、シュローダーが運用するポートフォリオにおいて、当該個別銘柄が必ずしも現在あるいは将来の保有銘柄であるとは限らず、また当該個別銘柄に対する今後の投資行動について示唆するものでもありません。
米国大統領選挙でドナルド・トランプ氏が大統領に当選した11月9日の前日から2018年3月末にかけての推移、株価はトータルリターン・ベース、 2016年11月8日=100として指数化。

1. 米国国勢調査局、2017ベース。 2~5は、Growing Together: Economic Ties between the United States and Mexico (Mexico Institute, Wilson Center) に拠る。2. データとして取得可能な最も直近の2011年のデータに拠る。 3. メキシコ向け輸出品の生産に従事している米国での雇用数、メキシコからの輸入を止め、米国内で生産した場合に米国内で生み出される雇用数、メキシコからの輸入品に支えられている雇用数を加味した、ネットベースでの雇用者数。 6. ブルームバーグのデータを基に弊社作成。上記は過去の実績や試算であり、将来の推移を示唆・保証するものではありません。 7. 会社アニュアル・リポート(2016年)に拠る。

※MSCIは、本ページに含まれるいかなるMSCIのデータについても、明示的・黙示的に保証せず、またいかなる責任も負いません。MSCIのデータを、他の指数やいかなる有価証券、金融商品の根拠として使用する、あるいは再配布することは禁じられています。本ページはMSCIにより作成、審査、承認されたものではありません。いかなるMSCIのデータも、投資助言や投資に関する意思決定を行う事(又は行わない事)の推奨の根拠として提供されるものではなく、また、そのようなものとして依拠されるべきものでもありません。
【本ページに関するご留意事項】 本ページは、情報提供を目的として、シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下「弊社」といいます。)が作成、あるいはシュローダー・グループの関係会社等が作成した資料を弊社が和訳および編集したものであり、いかなる有価証券の売買の申し込み、その他勧誘を目的とするものではありません。英語原文と本ページの内容に相違がある場合には、原文が優先します。本ページに示されている運用実績、データ等は過去のものであり、将来の投資成果等を示唆あるいは保証するものではありません。投資資産および投資によりもたらされる収益の価値は上方にも下方にも変動し、投資元本を毀損する場合があります。また外貨建て資産の場合は、為替レートの変動により投資価値が変動します。本ページは、作成時点において弊社が信頼できると判断した情報に基づいて作成されておりますが、弊社はその内容の正確性あるいは完全性について、これを保証するものではありません。本ページ中に記載されたシュローダーの見解は、策定時点で知りうる範囲内の妥当な前提に基づく所見や展望を示すものであり、将来の動向や予測の実現を保証するものではありません。市場環境やその他の状況等によって将来予告なく変更する場合があります。本ページ中に個別銘柄、業種、国、地域等についての言及がある場合は例示を目的とするものであり、当該個別銘柄等の購入、売却などいかなる投資推奨を目的とするものではありません。また当該銘柄の株価の上昇または下落等を示唆するものでもありません。予測値は将来の傾向を例示することを目的とするものであり、その実現を示唆あるいは保証するものではりません。実際には予測値と異なる結果になる場合があります。本ページに記載された予測値は、様々な仮定を元にした統計モデルにより導出された結果です。予測値は将来の経済や市場の要因に関する高い不確実性により変動し、将来の投資成果に影響を与える可能性があります。これらの予測値は、本ページ使用時点における情報提供を目的とするものです。今後、経済や市場の状況が変化するのに伴い、予測値の前提となっている仮定が変わり、その結果予測値が大きく変動する場合があります。シュローダーは予測値、前提となる仮定、経済および市場状況の変化、予測モデルその他に関する変更や更新について情報提供を行う義務を有しません。本ページ中に含まれる第三者機関提供のデータは、データ提供者の同意なく再製、抽出、あるいは使用することが禁じられている場合があります。第三者機関提供データはいかなる保証も提供いたしません。第三者提供データに関して、弊社はいかなる責任を負うものではありません。シュローダー/Schroders とは、シュローダー plcおよびシュローダー・グループに属する同社の子会社および関連会社等を意味します。本ページを弊社の許諾なく複製、転用、配布することを禁じます。

トピック