臨時レポート

中国株式市場の調整と今後の見通し(1)

2015年07月10日

アラン・コンウェイ

アラン・コンウェイ

エマージング株式ヘッド

年初来、中国株式市場の変動性が大幅に高まっています。そこで、シュローダー・グループのエマージング株式ヘッド、アラン・コンウェイが最近の市場の動きと今後の見通しについて解説します。

 

ポイント

  • 中国本土の国内投資家の保有比率が高いA株の変動性が高まっており、MSCI中国指数の構成銘柄であるH株も影響を受けています。
  • 大幅上昇後に急落するという目まぐるしい相場展開となっていますが、年初来では、MSCI中国指数は2014年末程度の水準まで戻り、上海A株指数については15%程度の上昇となっています(2015年7月9日時点)。
  • 足元の株式市場は、ファンダメンタルズに基づいておらず、個人投資家が主導する流動性・モメンタム相場と判断しています。このため、エマージング株式チームでは、中国株式市場に対する前向きの姿勢を継続する方針です。

 

相場上昇の背景

中国人民銀行(中央銀行)は、景気減速への措置として、金利の引き下げ、預金準備率の引き下げ等、複数の策を打ち出しました。さらに政府は、銀行から地方自治体への融資を地方債券に交換することを許可し、懸念材料であった債務の整理を促進する姿勢を打ち出しました。中国では債務の半分以上を企業が占めていますが、うち大半は国営企業の債務であり、地方政府や家計の債務は相対的に低い割合となっています。また、政府は預金に対する貸出の比率を75%までとする規制についても撤廃しました。


しかし、企業の借り入れ需要は低迷し、地方自治体も銀行借り入れではなく債券発行を選択したため、銀行は株式関連の案件に傾斜する結果となりました。また、政府は国営企業のサポーターという役割を果たしました。国営企業の債務比率は高く、バランスシートを健全化する必要に迫られたため、政府は債務の株式化という策を打ち出しました。この結果、株式の新規発行や新規公開件数が著しく増加しました。


A株市場は取引量の多くを個人投資家が占めており、6月上旬までの著しい上昇は個人投資家からの豊富な資金流入に支えられてきました。資金流入には、以下の要因が影響したと考えられます。

    1. 政府による景気刺激策の継続に対する期待
    2. 上海・香港株式市場の相互取引が拡大されることを見込んだ資金の流入期待
    3. MSCI中国指数等へA株が組み入れられることへの期待
    4. 預貯金以外の魅力的な投資商品の欠如(金利自由化による預貯金の魅力度低下、高値水準にある不動産市場を嫌気)

市場下落の背景

A株市場への資金流入が続く中、個人投資家の信用取引が増加しました。信用取引残高は大幅に増加し、グローバル株式市場の歴史上、高水準にあるとみられます。また、A株はH株に対して大幅に割高となりました。一連の景気刺激策の効果、企業収益に大きな変化がみられないため、A株市場の上昇は投機的であったと考えられます。割高感が著しく高まる中、政府が信用取引に関する調査を開始したことや新規公開ラッシュによる需給悪化が足元の調整につながりました。

今後の見通し

H株のバリュエーションは総じて魅力的な水準にあると考えられますが、A株市場は引き続き個人投資家の投機資金や政府の政策に左右されると思われ、短期的には中国株式市場の不透明感が高まっています。基本シナリオとしては、政府は市場をサポートする一方、制御不能な投機的バブルになることは避け、安定的な市場環境を望んでいるとみています。シュローダーのエマージング株式チームでは、市場は徐々に落ち着きを取り戻し、良好なファンダメンタルズを有する企業の株価が改善すると考えています。直近の利下げにも関わらず、引き続き実質金利は高水準であり、経済は脆弱な状況が続いています。このため、追加的な景気刺激策が実施される可能性は高く、市場の支援材料になると考えられます。さらに、債務の株式化を通じた国営企業のバランスシート改善も継続すると予想されます。


長期的には、中国経済はハードランディングを回避し、経済の転換は順調に進展していくと考えています。中国の経済成長率は低減しながらも、安定的な経済成長の達成を目指す構造改革の進展は、市場で好感されると思われます。

 

本資料は情報提供を目的として、シュローダー・インベストメント・マネージメント・リミテッドが作成した資料をシュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社が抄訳・編集したものであり、如何なる有価証券の売買の申し込み、その他勧誘を目的とするものではありません。なお、本資料は、作成時点における弊社が信頼できると判断した情報に基づき構成されておりますが、内容の正確性あるいは完全性については、これを保証するものではありません。また、将来の投資成果を示唆あるいは保証するものではありません。本資料中のコメントはシュローダー独自のものであり、必ずしも一般的なものであるとは限りません。本資料で示した見通しおよび分析結果等は、作成時点の考えに基づくものであり、将来、予告なく変更する場合があります。本資料中シュローダー/Schroders とは、シュローダー plcおよび同社が直接的または間接的に株式または持分の50%以上を保有する会社等の法人を意味します。