臨時レポート

米国は9月の利上げを見送り

2015年09月18日

米国は9月の利上げを見送り

 市場参加者から注目を集めていた16-17日の米国の連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利であるフェデラル・ファンド金利(FF金利)の変更はなく、0.25%で据え置かれました。FOMC声明文およびその後行われたイエレン連邦準備委員会(FRB)議長の会見の中では、一部市場参加者から9月の利上げが期待されていた中でFF金利が据え置かれた背景が説明され、直近不透明感が増している世界経済動向と利上げによるインフレ率への影響が理由として言及されています。

 今回の発表に合わせ、各FOMC参加者の将来の予想FF金利水準を示す、いわゆる「ドット・プロット」も公表されています。これによると、2015年末から2017年にかけての予想の中央値は多少下がりました。FOMC参加者の1人は2016年末までのマイナスの政策金利を予想していることが示されています。FOMC全体では2015年末に0.375%、2016年末に1.375%、2017年末に2.625%の政策金利水準を予想していることが読み取れます。これらの予想は米国の成長率が上方修正され、失業率が従来の予想よりも低下するとの予想が織り込まれての結果です。一方で、原油価格の下落などを受けた期待インフレ率の予想値は下方修正されています。

市場の反応と、市場参加者が見る今後の見通し

 FOMC声明文が発表された直後の市場の反応は比較的静かな展開となりました。具体的には、株式市場はわずかに上昇したものの、米国10年債の利回りは2.2%近辺まで低下(債券価格は上昇)し、長期債に対して短中期国債がよりアウトパフォームする展開となりました。

 今回の発表を受けて、米国の短期金融市場では、次回10月28日のFOMCにおいて利上げを行う可能性を25%程度織り込んでいます。今回のFOMC声明文発表時、市場は9月の利上げと2016年末までの極めて緩慢な利上げ(利上げ回数は3回未満)を32%程度織り込んでいました。

 過去3回の利上げサイクル時の金融政策を分析すると、FRBは平均で毎月約0.17%の利上げを実施しています。しかしながら、今回市場はより保守的な利上げを見込んでおり、FRBや我々が見込むよりも緩慢な利上げペースになることが予想されています。

 今回の声明文およびイエレン議長の会見で明らかになったことは、FRBの米国経済に対する見通しは比較的安定的でポジティブであるということです。一方で、当面は中国市場や原油市場を始めとして不透明感が高まっている世界経済の動向が、米国の今後の金融政策に影響を与えることになりそうです。

本資料は情報提供を目的として、シュローダー・グループが作成した資料をシュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社が抄訳・編集したものであり、如何なる有価証券の売買の申し込み、その他勧誘を目的とするものではありません。なお、本資料は、作成時点における弊社が信頼できると判断した情報に基づき構成されておりますが、内容の正確性あるいは完全性については、これを保証するものではありません。また、将来の投資成果を示唆あるいは保証するものではありません。本資料中のコメントはシュローダー独自のものであり、必ずしも一般的なものであるとは限りません。本資料で示した見通しおよび分析結果等は、作成時点の考えに基づくものであり、将来、予告なく変更する場合があります。本資料中シュローダー/Schroders とは、シュローダー plcおよび同社が直接的または間接的に株式または持分の50%以上を保有する会社等の法人を意味します。