臨時レポート

小規模に留まった欧州の追加量的金融緩和

2015年12月04日

 12月3日の欧州中央銀行(ECB)の定例理事会で、追加の量的金融緩和が決定されました。この結果を受け、シュローダーの欧州エコノミスト、アザド・ザンガナのコメントをお伝えします。

追加金融緩和の概要

 市場の期待を超えることはあっても、失望させることはない-ECBのドラギ総裁はこれまで市場の期待や投資家の要求を上回る金融政策を執ってきましたが、今回は今までと異なった模様です。過去数カ月間にわたり、ドラギ総裁は大胆な金融緩和に踏み込むとのメッセージを市場にほのめかしてきましたが、結果は、事前の市場予想ほどの金融緩和策にはならず、市場では失望感が広がりました。追加金融緩和の概要は以下のとおりです。

  • 中銀預金金利(市中銀行がECBに余剰資金を預ける際に課す金利)を0.1%引き下げ、-0.3%に。
  • 資産買入れプログラムの実施期限を、2016年9月から2017年3月に延長。買入れ額は、毎月600億ユーロに据え置き。
  • 現在の資産買入れプログラムで買い入れた証券の償還元本を、必要ある限り再投資。
  • 現在の資産買入れプログラムの対象資産として、域内の地方政府等が発行するユーロ建て証券を追加。
  • 公開市場操作である主要オペ(1週間、MRO)と長期オペ(3カ月、LTRO)を継続。

失望感の広がった金融市場

 多くの市場参加者は、当初、ECBが中銀預金金利を0.2%以上引き下げると期待していたほか、資産買入れプログラムでの毎月の買入れ額を200億ユーロ以上増額すると期待していました。従って、ドラギ総裁の記者会見後には、市場の失望感が広がり、ユーロが対米ドルで2%程度上昇したほか、欧州株式市場も下落しました。今後、ドラギ総裁は、市場とのコミュニケーション方法を再検討する必要があるでしょう。

 シュローダーでは、資産買入れプログラムの実施期間の延長は予想していましたが、市場が予想していた買入れ金額の増額までは予想していませんでした。また、中銀預金金利についても、欧州景気や物価へのプラス効果は限定的であるとの判断から、更なる引き下げは予想していませんでした。

更なる追加金融緩和の可能性低下

 今後、ECBが更なる追加金融緩和に踏み切る可能性は低下しつつあると考えます。なぜならば、ユーロ圏の経済環境は足元で改善基調にあり、更なる金融緩和は必須でなくなりつつあるためです。例えば、域外経済が軟調に推移しているほか、地政学的リスクが高まっている環境下においても、ユーロ圏の主要経済指標は改善傾向にあります。また、ユーロ圏の物価水準が低位で推移しており、域内の家計の実質可処分所得にもプラスの影響が出始めると考えられます。更に、低金利環境にあることから、企業の与信環境が改善、資金需要が喚起され、域内の総需要にもプラスの影響を与えると考えられます。

次の注目はFRB

 結論として、今回の追加金融緩和措置が欧州景気に与えるプラス効果は限定的と言えます。市場は、ECBが常に投資家の要求を満たすことを期待すべきではなく、経済指標をより注意深く分析する必要があると考えます。

 次の注目イベントは、米連邦公開市場委員会(FOMC)の開催です。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長が市場の予想通りに利上げに踏み切れば、ユーロは再び下落基調をたどることが予想されます。

 

本資料は情報提供を目的として、シュローダー・インベストメント・マネージメント・リミテッドが作成した資料をシュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社が抄訳・編集したものであり、如何なる有価証券の売買の申し込み、その他勧誘を目的とするものではありません。なお、本資料は、作成時点における弊社が信頼できると判断した情報に基づき構成されておりますが、内容の正確性あるいは完全性については、これを保証するものではありません。また、将来の投資成果を示唆あるいは保証するものではありません。本資料中のコメントはシュローダー独自のものであり、必ずしも一般的なものであるとは限りません。本資料で示した見通しおよび分析結果等は、作成時点の考えに基づくものであり、将来、予告なく変更する場合があります。本資料中シュローダー/Schroders とは、シュローダー plcおよび同社が直接的または間接的に株式または持分の50%以上を保有する会社等の法人を意味します。