臨時レポート

マルチアセット:2016年の見通し

2015年12月18日

エイメリック・フォレスト

エイメリック・フォレスト

マルチアセット運用欧州統括ヘッド

  • 投資家のインカム追求志向は引き続き高く、様々なインカムアセット*の利回りが魅力的な水準へ回復しています。  *世界の債券や高配当株式などの、利子や配当金などの「インカム」を生み出す資産。
  • 国/地域ごとの経済格差の拡大に着目したリスク管理が必要と考えられます。
  • 高配当株式や高利回り債券への投資妙味が高まっています。

 2015年、クレジットスプレッドの拡大、国債金利の大幅な変動、株式の調整局面などの厳しい局面を経た結果、足元では多くの資産クラスの利回りが魅力的な水準まで回復しています。

利回り追求の動きは依然強い

 長引く低金利環境や世界的な高齢化を背景に、インカム追求の動きが、グローバルかつ構造的に広がっています。インカムへの需要が高まっている一方で、市場環境は、インカム戦略にとっては好ましいものではありませんでした。第一の要因として、米ドルの上昇により市場の流動性および、金利変動に対して敏感な資産クラスへ影響を及ぼしたことがあげられます。第二の要因として、期待インフレ率が低下する中、実質金利の正常化が進展したことがあげられます。実質金利は、金融資産価格の割引率とみなされます。実質金利が上昇すれば、マイナスの影響を打ち消すだけの、より高い成長が必要とされます。

 さて、今後投資家は何を期待すべきでしょうか?目まぐるしく変化する市場環境においては、割安感に着目した運用戦略が成功するとは限らないため、投資家はその変化に適応する戦略を見極める必要があるといえます。

地域間の格差が顕在化

 世界経済は地域間の格差が拡大しており、2016年もその傾向が続くと予想されます。足元の格差拡大の要因は、為替レートや各国の金融政策の乖離に起因しているとみています。このような背景の下、運用チームでは、緩和的な金融政策が下支えしている欧州や日本の資産クラスを選好しています。欧州では、通貨ユーロ安の恩恵により、景気回復が加速しています。

 その他の地域に関しては、米国の製造業セクターに鈍化の兆しがみられていることや、新興国経済が米ドル高や中国の景気減速に晒されていることなどに着目しています。米国では、米連邦準備制度理事会(FRB)による政策金利の引き上げ観測が台頭しています。しかしながら、利上げの時期にかかわらず、現状の経済情勢を鑑みると、FRBの引き締め余地は限定的との見方もあり、経済的な不均衡が拡大した場合は、金融緩和への転換を余儀なくされる可能性もあるとみています。一般的に、金融引き締め政策の実施に伴い、期待収益率が低下する傾向があるため、投資家は絶対収益戦略だけではなく、より機動的な運用戦略に着目すべきと考えます。

 このため、金融政策の正常化の進展に伴い、市場の変動性が上昇すると見込まれます。資産価格の上昇は、実体経済の成長を要するほか、長期的にみて適正~割高水準にあると見られる株式の上昇余地は限定的と判断されます。

高配当株式およびハイイールド債券に投資妙味

 高配当株式については、ディフェンシブ性が高く、定期的かつ安定的なキャッシュフローが期待できます。同資産クラス(MSCI ACWI High Dividend Yield)は、過去2年近くにわたって、一般的な株式(MSCI ACWI)をアンダーパフォームしてきており、相対的に投資妙味が高まっているとみています。

 ハイイールド債券については、割安感が出始めているとみられる一方、選別的な投資が重要と考えています。同債券は高いデフォルト率を織り込んだ結果、魅力的な利回り水準を提供しているため、引き続き選好しています。

 新興国の資産クラスについては、割安感があるとみている一方で、米ドル高や低成長の環境による影響が懸念されるため、慎重な投資姿勢を維持していきます。

 最後に、2016年も主要国の金融政策や実質金利の動向が、金融市場を左右する主な要因となるとみられます。米国の利上げ時期が近づいているとみられる一方、米ドル高や中国経済の弱含みが、米国の輸出を下押ししていることから、FRBが過度な金融引き締めに踏み切る可能性は低いとみています。このため、国債市場が大きな相場変動に見舞われる可能性は低いものの、当面高いリターンは期待できないと予想されます。このような市場環境下においては、機動的なインカム戦略が奏功すると考えています。

 

MSCIは、この資料に含まれるいかなるMSCIのデータについても、明示的・黙示的に保証せず、またいかなる責任も負いません。このMSCIのデータを再配布することは許可されません。 また、他の指数やいかなる有価証券、金融商品の根拠として使用することもできません。MSCIはこの資料の内容の承認やレビューを行っておらず、また、MSCIはこの資料の作成者ではありません。いかなるMSCIのデータも、投資のアドバイスや、どのような種類の投資決定を行う事(又は行わない事)の推奨を行う意図は無く、また、そのようにみなされるべきものでもありません。

本資料は情報提供を目的として、シュローダー・インベストメント・マネージメント・リミテッドが作成した資料をシュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社が抄訳・編集したものであり、如何なる有価証券の売買の申し込み、その他勧誘を目的とするものではありません。なお、本資料は、作成時点における弊社が信頼できると判断した情報に基づき構成されておりますが、内容の正確性あるいは完全性については、これを保証するものではありません。また、将来の投資成果を示唆あるいは保証するものではありません。本資料中のコメントはシュローダー独自のものであり、必ずしも一般的なものであるとは限りません。本資料で示した見通しおよび分析結果等は、作成時点の考えに基づくものであり、将来、予告なく変更する場合があります。シュローダー/Schrodersとは、シュローダーplcおよびシュローダーグループに属する同社の子会社および関連会社等を意味します。