臨時レポート

ウクライナ情勢とエマージング株式運用

2014年03月05日

ウクライナで前ヤヌコビッチ政権が崩壊した後、ロシアがウクライナ南部のクリミア自治共和国に軍隊を派遣したことで、国際的緊張が高まっています。グローバル株式市場は、ウクライナ情勢を巡る不透明感から足元でやや不安定な動きを見せています。

本件に関するエマージング株式ファンドマネジャーのコメントをご紹介します。

 

本資料中シュローダー/Schrodersとは、シュローダー plc.および同社が直接的または間接的に株式または持分の50%以上を保有する会社等の法人を意味します。本資料は、情報提供を目的として、シュローダーの情報を元シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社が作成したものであり、如何なる有価証券の売買の申し込み、その他勧誘を目的とするものではありません。なお、本資料は、作成時点において作成者が信頼できると判断した情報に基づいて作成されておりますが、内容の正確性あるいは完全性については、これを保証するものではありません。本資料に示した運用実績、データ等は過去のものであり、将来の投資成果を示唆あるいは保証するものではありません。