臨時レポート

新興国株式市場の動向

2014年02月19日

  • 米国の金融政策への思惑から、新興国株式市場は軟調な展開となっている
  • 中長期的に高い経済成長率を背景とした新興国株式の魅力は変わらない
  • 新興国株式は割安感を強めており、中長期の視点できわめて良好な投資収益が期待できる

 

本資料中シュローダー/Schrodersとは、シュローダー plc.および同社が直接的または間接的に株式または持分の50%以上を保有する会社等の法人を意味します。本資料は、情報提供を目的として、シュローダーの情報を元にシュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社が作成したものであり、如何なる有価証券の売買の申し込み、その他勧誘を目的とするものではありません。なお、本資料は、作成時点において作成者が信頼できると判断した情報に基づいて作成されておりますが、内容の正確性あるいは完全性については、これを保証するものではありません。本資料に示した運用実績、データ等は過去のものであり、将来の投資成果を示唆あるいは保証するものではありません。