【新ファンド】「シュローダー・ツーシグマ・ダイバーシファイド・ファンド」が12月1日から当初申込開始

2022年11月14日
202211_twosigma_02

「シュローダー・ツーシグマ・ダイバーシファイド・ファンド」を2022年12月15日に設定いたします。当初申込期間は12月1日から12月14日までになります。

当ファンドは、シュローダーが初めて日本の公募投資信託として設定するヘッジファンド戦略です。世界で主に個人富裕層のお客さまにお届けしてきた運用力を日本のお客さまにお届けします。定量モデル運用で定評のある世界有数のヘッジファンドであるツーシグマ・アドバイザーズ・エル・ピー(以下、ツーシグマ)が実質的な運用を行い、主として米国の株式および株式関連証券ならびに世界各国の債券先物、株価指数先物、金利先物および通貨等に投資し、信託財産の成長を目指します。

ファンドの特色

1.世界有数のヘッジファンドであるツーシグマ*1が実質的な運用を行い、定量モデル運用において高度な専門性を活用します。

2.ツーシグマの2つの投資戦略「米国株式マーケット・ニュートラル戦略」と「グローバル・マクロ戦略」を組み合わせ、市況に捉われずに収益の獲得を目指します。

【米国株式マーケット・ニュートラル戦略】

上場株式等の買建て(ロング・ポジション)と売建て(ショート・ポジション)を組み合わせ、市場全体の動きに対する影響度をできる限りゼロに近づけることにより、市場全体の騰落率に大きく左右されずに収益を確保することを目指す投資手法です。本投資戦略による投資対象は、米国の株式および株式関連証券等です。

【グローバル・マクロ戦略】

定量モデルを用いて世界各国の株式、債券、金利、為替の先物等の市場動向を予測し、上昇局面だけでなく下落局面でも収益の獲得を目指す投資手法です。本投資戦略による投資対象は、世界各国の債券先物、株価指数先物、金利先物および通貨等です。

3.主要投資対象ファンドは、シュローダーが設定したヘッジファンド・プラットフォーム「Schroder GAIA*2を通じて提供され、シュローダーの厳格かつ重層的なリスク管理能力が活用されています。

4.実質外貨建資産については、為替ヘッジを行いません。

*1 米ドル建て外国投資証券シュローダーGAIAツーシグマ・ダイバーシファイド クラスC投資証券(主要投資対象ファンド)の運用を行うツーシグマ・アドバイザーズ・エル・ピーとその関連会社を指します。*2 Schroder GAIA(シュローダー ガイア)とは、シュローダー・グループがヘッジファンドを選定し、管理、提供するルクセンブルグ籍外国投資法人を指します。

※上記1~3については、ファンドが実質的に投資する主要投資対象ファンドの内容を含みます。資金動向、市場動向、信託財産の規模等によっては、上記のような運用ができない場合があります。

当ファンドのお申込みについては、SMBC日興証券株式会社*3にお問い合わせください。

*3 ファンドの取り扱いは、SMBC日興証券株式会社のプライベート・バンキング部室のみとなります。

お申込みの際は、販売会社よりお渡しする「投資信託説明書(交付目論見書)」の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。

ファンドの主な投資リスク

202211_twosigma_01202211_twosigma_03

ファンドの費用

202211_twosigma_04202211_twosigma_05

シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社[設定・運用等]

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第90号 

加入協会:一般社団法人投資信託協会、

一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会