追加型投信/海外/株式 自動けいぞく投資可能

シュローダー・ユーロ株式ファンド米ドル投資型

日本経済新聞掲載名: ユーロ株ドル

基準日 2019/12/13

基準価額

10,215円

前日比

+110円

分配金情報

240円2019/12/10

ファンドの特色

  1. ユーロ圏各国の企業が発行する株式(ユーロ株式)を主要投資対象とします。
    ■個別銘柄の詳細な調査に基づいて厳選した銘柄を、グロースやバリューといった特定の運用スタイルにとらわれずに柔軟な視点でポートフォリオに組み入れることで、優れた運用成果を追求します。
    ■ファンドは実質的に投資する投資信託証券(以下「投資対象ファンド」という場合があります。)を通じて投資を行います。
    ※ユーロ株式以外の株式にも投資する場合があります。
    ※ユーロ圏とは、欧州連合(EU)加盟国のうちユーロを通貨として採用している国の総称と定義します。

  2. 主な投資対象ファンドの運用は、シュローダー・インベストメント・マネージメント・リミテッドが行います。
    創業以来200年以上の歴史と実績を誇る、英国屈指の独立系資産運用グループ、シュローダーの経験豊富な運用プロフェッショナルが運用を行います。

  3. 為替リスク軽減型、為替ヘッジなし、米ドル投資型の3つのコースの中から選択いただけます。
    ■為替リスク軽減型の実質外貨建て資産については、為替ヘッジによりユーロと円の間の為替変動リスクの低減を図ることを基本とします。
    ■為替ヘッジなしの実質外貨建て資産については、為替ヘッジを行いません。
    ■米ドル投資型の実質外貨建て資産については、主な投資対象ファンドにおいて、原則としてユーロ売り、米ドル買いの為替取引を行います。
     ※米ドル投資型の収益の源泉、投資リスクについては、投資信託説明書(交付目論見書)の、「米ドル投資型の収益イメージ」および「投資リスク」の頁をご覧ください。
     ※ユーロ以外の通貨建て資産にも投資を行う場合、ユーロとユーロ以外の投資通貨との間の為替変動の影響を受けます。

※上記1~2については、投資対象ファンドの内容を含みます。
※資金動向、市場動向、信託財産の規模等によっては、上記のような運用ができない場合があります。