歴史と伝統が人々を魅了する街、ユーロ圏

ご存知ですか? ユーロ圏

ユーロ圏は、欧州連合(EU)加盟国のうち、ユーロを通貨として採用している国の総称*です。
歴史ある建物や街並み、伝統ある文化はユーロ圏の魅力の一つですが、ユーロ圏について、いくつご存知ですか?

*シュローダーによる定義です。EU加盟国以外でユーロを採用している国もあります。

ユーロ圏について

ユーロ圏構成国は19カ国

ユーロ圏構成国は19カ国
ユーロ圏構成国は19カ国

(2018年2月末現在)

外国人訪問者数ランキングの常連

外国人訪問者数ランキング 上位10カ国

(2016年暫定値*)

  • 1位 フランス

    1位 フランス
    8,260万人

    エッフェル搭(パリ)
    エッフェル搭(パリ)
  • 3位 スペイン

    3位 スペイン
    7,556万人

    サグラダ・ファミリア(バルセロナ)
    サグラダ・ファミリア(バルセロナ)
  • 5位 イタリア

    5位 イタリア
    5,237万人

    コロッセオ(ローマ)
    コロッセオ(ローマ)
  • 8位 ドイツ

    8位 ドイツ
    3,558万人

    ブランデンブルク門(ベルリン)
    ブランデンブルク門(ベルリン)
外国人訪問者数ランキング 上位10カ国(2016年暫定値*)

*米国、トルコは2015年。

人、モノ、資本、サービスの自由移動ができる単一市場

人、モノ、資本、サービスの自由移動ができる単一市場

共通通貨、ユーロが単一市場を支えています。
ユーロ圏は、地域でありながら、あたかも一つの国のように機能することもあります。

国ごとに違うユーロ硬貨のデザイン

額面の書かれた共通面を裏返すと、各国異なるデザインのユーロ硬貨。
例えば、オーストリアはモーツアルト、イタリアはレオナルド・ダ・ヴィンチの人体理想図と、お国柄のでる図柄が採用されています。

欧州中央銀行(ECB)が金融政策を担う

欧州中央銀行(ECB)が金融政策を担う

ECBはユーロ圏全体の中央銀⾏として、ユーロ圏の物価安定のため、金融政策の方針決定などを行います。

マリオ・ドラギECB総裁のニックネームは?

イタリアでは「スーパーマリオ」の異名をとるドラギ総裁。
イタリア財務省時代に国営企業の民営化を進め、イタリアの財政を立て直した手腕から、そう呼ばれるようになったといわれています。

世界のGDPの約16%を占める

世界の名目GDP構成比
世界の名目GDP構成比

人口は米国と同程度

主要国・地域の人口(2015年)
主要国・地域の人口(2015年)主要国・地域の人口(2015年)

ユーロ圏には業界大手の企業や独自のサービスで知られる世界的企業が多く存在

  • フランス

    観光大国
    フランス

    LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン

    本社: パリ
    従業員: 約13万4千人
    売上高*1: 376億ユーロ
    (4兆6,237億円)
    LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン

    ルイ・ヴィトンやセリーヌなど高級ブランドを傘下に持つ企業グループ。ファッショングッズ、時計、ワインから免税店のDFSまで幅広く展開。

  • ドイツ

    技術立国
    ドイツ

    バイエル

    本社: レバークーゼン
    従業員: 約11万5千人
    売上高*1: 468億ユーロ
    (5兆7,512億円)
    バイエル

    1800年代に解熱鎮痛薬「アスピリン」を開発した医薬・化学品メーカー。農薬や緑化・環境分野のイノベーションでも世界をリード。

  • スペイン

    ラテンの国
    スペイン

    サンタンデール銀行

    本社: マドリード
    従業員: 約18万8千人
    総収入*1: 439億ユーロ
    (5兆3,926億円)
    サンタンデール銀行

    個人向けと商業銀行業務に注力する欧州最大級の銀行。ブラジル、メキシコなどラテンアメリカ地域にも強みを持ち、顧客数は世界で1億人超。

  • オランダ

    国際競争力で世界4位*2
    オランダ

    ユニリーバ

    本社: ロッテルダム
    従業員: 約16万9千人
    売上高*1: 527億ユーロ
    (6兆4,821億円)
    ユニリーバ

    世界有数の消費財メーカー。シャンプーのLUXやDove、紅茶のリプトンなど400を超えるブランドを世界で展開。売上高の半分以上を新興国で稼ぐ。

  • イタリア

    職人の国
    イタリア

    フェラーリ

    本社: マラネッロ
    従業員: 約3千人
    売上高*1: 31億ユーロ
    (3,818億円)
    フェラーリ

    レーシングドライバー、エンツォ・フェラーリが設立した高級スポーツカーメーカー。創設の1950年からF1世界選手権に参戦する名門チーム。

  • ベルギー

    ダイヤモンドの国
    ベルギー

    アンハイザー・ブッシュ・インベブ

    本社: ルーヴェン
    従業員: 約20万人
    売上高*1: 455億米ドル
    (5兆3,237億円)
    アンハイザー・ブッシュ・インベブ

    「バドワイザー」「コロナ」などで知られる、世界最大手のビールメーカー。2016年に業界2位のSABミラー社を買収し、更に世界シェアを拡大。

  • フィンランド

    森林資源の国
    フィンランド

    ノキア

    本社: エスポー
    従業員: 約10万人
    売上高*1: 236億ユーロ
    (2兆9,038億円)
    ノキア

    製紙会社として創業。2000年代に携帯電話端末シェアで世界最大級となるも、その後低迷。近年、通信インフラ事業で再び世界的地位を構築。

  • アイルランド

    低法人税率国
    アイルランド

    CRH

    本社: ダブリン
    従業員: 約8万7千人
    売上高*1: 271億ユーロ
    (3兆3,330億円)
    CRH

    世界屈指の建設資材メーカーで、アイルランドで時価総額最大。北米にも強みを持ち、アスファルト、コンクリートの生産規模では北米最大級。

*1 2016年決算時点。円ベースは1ユーロ=122.97円、1米ドル=116.96円(ともに2016年12月末現在)として換算。 *2 世界経済フォーラム「Global Competitiveness Report 2017-2018」。
※各企業の情報は2017年12月時点で取得可能な情報に基づく。上記の個別銘柄についての言及は例示を目的とするものであり、当該個別銘柄等の購入、売却などいかなる投資推奨を目的とするものではありません。また当該銘柄の株価の上昇または下落等を示唆するものでもありません。

出所:欧州中央銀行(ECB)、駐日欧州連合代表部、国連、日本政府観光局、国際通貨基金(IMF)、ブルームバーグのデータおよび各社資料を基にシュローダー作成。
※ユーロ圏構成国は変更されることがあります。グラフの値は四捨五入して表示しているため、合計が100%にならないことがあります。写真はイメージです。

ユーロ株式市場について

ユーロ株式市場は堅調に推移

ユーロ株式指数*の推移(ユーロベース)

(2008年2月末~2018年2月末)

ユーロ株式指数*の推移(ユーロベース)(2008年2月末~2018年2月末)

*MSCI EMUインデックス(トータルリターン)。
※上記のデータ等は過去のものであり、将来の投資成果等を示唆あるいは保証するものではありません。

ユーロ圏のGDPは主要国を中心に拡大傾向

ユーロ圏主要国の実質GDPの推移

(2007年第4四半期~2017年第4四半期)

ユーロ圏主要国の実質GDPの推移(2007年第4四半期~2017年第4四半期)

※上記のデータ等は過去のものであり、将来の投資成果等を示唆あるいは保証するものではありません。

ユーロ株式は注目の投資先の一つ

ユーロ圏*企業の予想1株当たり利益(EPS)の成長率(前年比)の推移

(2013年2月末〜2018年2月末)

ユーロ圏*企業の予想1株当たり利益(EPS)の成長率(前年比)の推移 (2013年2月末〜2018年2月末)

*ユーロ圏はMSCI EMUインデックス。
※上記のデータ等は過去のものであり、将来の投資成果等を示唆あるいは保証するものではありません。

過去平均EPSに基づく株価収益率(PER)*の推移

(1988年2月末〜2018年2月末)

過去平均EPSに基づく株価収益率(PER)*の推移(1988年2月末〜2018年2月末)

*過去平均EPSに基づくPERは、直近10年間の平均EPSを使用して算出。ユーロ株式、米国株式、日本株式はEMU-DS Market、US-DS Market、JAPAN-DS Marketの各指数を使用。
※上記のデータ等は過去のものであり、将来の投資成果等を示唆あるいは保証するものではありません。

出所:ブルームバーグ、ユーロスタット、トムソン・ロイター データストリームのデータを基にシュローダー作成。

シュローダーのユーロ株式ファンド

シュローダー・ユーロ・エクイティ・ファンド

シュローダー・ユーロ・エクイティ・ファンド

為替リスク軽減型/為替ヘッジなし
愛称 ユーロの匠

シュローダー・ユーロ株式ファンド

シュローダー・ユーロ株式ファンド

為替リスク軽減型/為替ヘッジなし/米ドル投資型

本ページは、情報提供を目的としてシュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下「弊社」といいます。)が作成した資料であり、いかなる有価証券の売買の申込み、その他勧誘を意図するものではありません。本ページに示されているデータ等は過去のものであり、将来の投資成果等を示唆あるいは保証するものではありません。本ページは、作成時点において弊社が信頼できると判断した情報に基づいて作成されておりますが、弊社はその内容の正確性あるいは完全性について、これを保証するものではありません。本ページ中に記載されたシュローダーの見解は、策定時点で知りうる範囲内の妥当な前提に基づく所見や展望を示すものであり、将来の動向や予測の実現を保証するものではありません。市場環境やその他の状況等によって将来予告なく変更する場合があります。本ページ中に個別銘柄についての言及がある場合は例示を目的とするものであり、当該個別銘柄等の購入、売却などいかなる投資推奨を目的とするものではありません。また当該銘柄の株価の上昇または下落等を示唆するものでもありません。本ページ中に含まれる第三者機関提供のデータは、データ提供者の同意なく再製、抽出、あるいは使用することが禁じられている場合があります。第三者機関提供データはいかなる保証も提供いたしません。第三者提供データに関して、本ページの作成者あるいは提供者はいかなる責任を負うものではありません。シュローダー/Schrodersとは、シュローダーplcおよびシュローダー・グループに属する同社の子会社および関連会社等を意味します。本ページを弊社の許諾なく複製、転用、配布することを禁じます。MSCIは、本ページに含まれるいかなるMSCIのデータについても、明示的・黙示的に保証せず、またいかなる責任も負いません。MSCIのデータを、他の指数やいかなる有価証券、金融商品の根拠として使用する、あるいは再配布することは禁じられています。本ページはMSCIにより作成、審査、承認されたものではありません。いかなるMSCIのデータも、投資助言や投資に関する意思決定を行う事(又は行わない事)の推奨の根拠として提供されるものではなく、また、そのようなものとして依拠されるべきものでもありません。