20年以上の実績、日本株式の老舗ファンド

シュローダー日本ファンド

 

Image

 

 

日本株式の老舗ファンドである「シュローダー日本ファンド」

1998年2月に運用を開始し、22年にわたる運用実績を持つシュローダー日本ファンド。日本株式を投資対象とする日本の投資信託は現在570本程度ありますが、そのなかでも、長い運用実績を誇るファンドのひとつです。

これまで当ファンドは、IT相場、リーマンショック、東日本大震災、アベノミクス相場など、さまざまな市場環境を経験してきましたが、どのような時でも一貫した運用哲学を貫いてきました。

担当ファンドマネジャーの前田 建(日本株式運用 総責任者)は、通算して23年間の日本株式運用経験があります。シュローダーには2001年に入社し、2004年以来、16年間にわたって当ファンドの運用を担当しています。

足元でも、バリュー株、小型株に対する市場評価の極端な低下が見られますが、市場が正常化した際の大きな上昇余地を享受するためにも、当ファンドの運用哲学を堅持することが大事だと考えています。

出所:シュローダー。* 公募投資信託のうち投資対象が日本株式であるファンド(インデックス型、ETF、DC・SMA専用を除く)。※2020年3月末現在。本資料中に記載されたシュローダーの見解は、作成時点で知りうる範囲内の妥当な前提に基づく所見や展望を示すものであり、将来の動向や予測の実現を保証するものではありません。市場環境やその他の状況等によって将来予告なく変更する場合があります。

臨時レポート(2020年4月以降、堅調に推移する基準価額)はこちら>>

 

当ファンドの投資リスク・費用についてはこちらをご参照ください。
最新の基準価額についてはこちらをご参照ください。

 

※「R&Iファンド⼤賞」は、R&Iが信頼し得ると判断した過去のデータに基づく参考情報(ただし、その正確性及び完全性につきR&Iが保証するものではありません)の提供を⽬的としており、特定商品の購⼊、売却、保有を推奨、⼜は将来のパフォーマンスを保証するものではありません。当⼤賞は、信⽤格付業ではなく、⾦融商品取引業等に関する内閣府令第299条第1項第28号に規定されるその他業務(信⽤格付業以外の業務であり、かつ、関連業務以外の業務)です。当該業務に関しては、信⽤格付⾏為に不当な影響を及ぼさないための措置が法令上要請されています。当⼤賞に関する著作権等の知的財産権その他⼀切の権利はR&Iに帰属しており、無断複製・転載等を禁じます。部⾨名︓投資信託20年/国内株式部⾨、賞名︓優秀ファンド賞。