欧州情勢アップデート

金融・債務危機当時の水準まで売り込まれたユーロ株式

2019年3月15日

売り込まれた2018年のユーロ株式

 2018年のユーロ圏経済は、①米中貿易摩擦などの影響により外需が冷え込んだこと、②2017年に進行したユーロ高の影響、更には③2018年9月に導入された全ての新規登録車に対する世界統一排出ガス・燃費試験規則(WLTP)の義務付け(新型車については2017年9月から既に義務付け)など、複数の要因が重なり、景気の回復・拡大ペースが鈍化しました。

 このような環境下、2018年のユーロ株式市場も総じて軟調な値動きとなりましたが、2019年初来からは回復の兆しがみえはじめています。但し、株価は過去の水準に照らして依然として割安な水準に置かれており、国によっては株価収益率(PER)が、世界金融危機や欧州債務危機当時の水準まで低下、投資家心理の冷え込みから過度に売られすぎているという状況にあります。

「投資家心理の改善」、「企業の構造改革」がもたらす株価の転換点に注目

 2018年のユーロ圏経済の回復・拡大ペースが鈍化した背景には、WLTPの義務化や、ライン川の水位低下に伴って原材料を工場に搬送できず物流が滞ったことなど、一過性の要因に拠るところが大きいと考えています。2019年や2020年のユーロ圏経済については1.5%程度の成長を見込んでおり、景気後退の可能性は低いとみています。
 ユーロ株式市場をみると、相対的に景気への感応度が低いディフェンシブ銘柄については過去最高水準ともいえる割高な水準となっています。一方、自動車、自動車部品、梱包など、景気循環により敏感なセクターの銘柄が非常に割安です。

 例えば、厳しい景気局面にあって「安全な避難場所」のひとつとされる飲料セクターのPERが22.2倍であるのに対して、自動車及び自動車部品セクターのPERは6.7倍という現状です5。ユーロ圏経済については緩やかながら着実な回復・拡大が見込まれる中、英国のEU離脱や米中間の貿易摩擦を取り巻く先行き不透明感の解消は投資家心理の改善をもたらし、過度に売り込まれている魅力ある銘柄の株価回復にもつながると考えています。
 また、コスト削減や事業の選択・集中など個別企業独自の動きも、景気動向や投資家心理の改善とは別に、企業業績や株価の転換点となることがあります。従って、企業における構造改革(リストラクチャリング)の動向を注視することも、重要であると考えています。

 


【本ページに関するご留意事項】 本ページは、情報提供を目的として、シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下「弊社」といいます。)が作成、あるいはシュローダー・グループの関係会社等が作成した資料を弊社が和訳および編集したものであり、いかなる有価証券の売買の申し込み、その他勧誘を目的とするものではありません。英語原文と本ページの内容に相違がある場合には、原文が優先します。本ページに示されている運用実績、データ等は過去のものであり、将来の投資成果等を示唆あるいは保証するものではありません。投資資産および投資によりもたらされる収益の価値は上方にも下方にも変動し、投資元本を毀損する場合があります。また外貨建て資産の場合は、為替レートの変動により投資価値が変動します。本ページは、作成時点において弊社が信頼できると判断した情報に基づいて作成されておりますが、弊社はその内容の正確性あるいは完全性について、これを保証するものではありません。本ページ中に記載されたシュローダーの見解は、策定時点で知りうる範囲内の妥当な前提に基づく所見や展望を示すものであり、将来の動向や予測の実現を保証するものではありません。市場環境やその他の状況等によって将来予告なく変更する場合があります。本ページ中に個別銘柄、業種、国、地域等についての言及がある場合は例示を目的とするものであり、当該個別銘柄等の購入、売却などいかなる投資推奨を目的とするものではありません。また当該銘柄の株価の上昇または下落等を示唆するものでもありません。予測値は将来の傾向を例示することを目的とするものであり、その実現を示唆あるいは保証するものではりません。実際には予測値と異なる結果になる場合があります。本ページに記載された予測値は、様々な仮定を元にした統計モデルにより導出された結果です。予測値は将来の経済や市場の要因に関する高い不確実性により変動し、将来の投資成果に影響を与える可能性があります。これらの予測値は、本ページ使用時点における情報提供を目的とするものです。今後、経済や市場の状況が変化するのに伴い、予測値の前提となっている仮定が変わり、その結果予測値が大きく変動する場合があります。シュローダーは予測値、前提となる仮定、経済および市場状況の変化、予測モデルその他に関する変更や更新について情報提供を行う義務を有しません。本ページ中に含まれる第三者機関提供のデータは、データ提供者の同意なく再製、抽出、あるいは使用することが禁じられている場合があります。第三者機関提供データはいかなる保証も提供いたしません。第三者提供データに関して、弊社はいかなる責任を負うものではありません。MSCIは、本資料に含まれるいかなるMSCIのデータについても、明示的・黙示的に保証せず、またいかなる責任も負いません。MSCIのデータを、他の指数やいかなる有価証券、金融商品の根拠として使用する、あるいは再配布することは禁じられています。本資料はMSCIにより作成、審査、承認されたものではありません。いかなるMSCIのデータも、投資助言や投資に関する意思決定を行う事(又は行わない事)の推奨の根拠として提供されるものではなく、また、そのようなものとして依拠されるべきものでもありません。 シュローダー/Schroders とは、シュローダー plcおよびシュローダー・グループに属する同社の子会社および関連会社等を意味します。本ページを弊社の許諾なく複製、転用、配布することを禁じます。