欧州情勢アップデート

英国総選挙速報

総選挙は保守党が勝利、今後の焦点はEUとの自由貿易協定(FTA)締結交渉

 与党・保守党は、12月12日に実施された総選挙で368議席を獲得(改選前議席数:298)して勝利、単独過半数を獲得する見通しです。一方、最大野党・労働党は191議席の獲得にとどまり、改選前議席数(243)から大きく議席を減らすとみられています。選挙結果が最終的に確定するまで出口調査に基づく予想獲得議席数が変化する可能性は残されていますが、保守党政権は、最重要課題である2020年1月末のEU離脱をはじめ、国民医療保険制度(NHS)への歳出拡大など、政権公約の実現に向けて動き出すこととなります。

 ジョンソン首相は今後、欧州連合(EU)との間で既に合意に達している離脱協定案の法制化に向けて年内にも動き出す見通しです。与党・保守党が単独過半数を獲得する見通しであることから、離脱協定法案(WAB)は滞りなく成立するものとみられ、英国は2020年1月末にEUから離脱し、その後は移行期間1 に入る見通しです。

 2020年末までを期限とする移行期間においては、英国とEUとの間の新たな自由貿易協定(FTA)の締結などが焦点となります。ジョンソン首相は、EUとの間のFTA締結に向けた協議を本格化し、2020年末までの合意を目指す意向を示しています。またEUにおいても、バルニエ主席交渉官が、EU・英国間の新たなFTA締結に向けた交渉を最優先する考えを既に示しており、また安全保障など他の諸案件についても交渉妥結を目指すとしています。

 今回の総選挙で与党・保守党が単独過半数を獲得したことから、EU離脱を巡る先行き不透明感はひとまず後退したといえます。一方、仮にFTA交渉が難航し、移行期間を延長する場合には、2020年6月末までの申請が必要となります。FTA締結に向けて移行期間を延長することにも合意できなかった場合、英国は再び事実上の合意なき離脱という事態に直面する可能性も出てきます。

* 英国で実施された出口調査に基づくものであり、今後、選挙結果が最終的に確定した時点で議席数が変わる可能性があります。 1. 移行期間は、離脱に伴う企業や金融機関への影響を軽減する目的で設定されており、2020年12月31日を期限としています。英国は移行期間を通じて欧州単一市場や関税同盟に留まることになり、EU法の適用を受けることとなります。 ※上記は作成時において想定される英国のEU離脱に伴う影響のうち主なものを掲載するものであり、全ての影響を網羅するものではありません。作成時点において弊社が信頼性が高いとみなす情報等に基づくものであり、その正確さや将来を示唆・保証するものではなく、今後変更される可能性があります。シュローダーの経済調査チームの見解であり、シュローダー・グループの公式見解を示すものではありません。


【本ページに関するご留意事項】 本ページは、情報提供を目的として、シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下「弊社」といいます。)が作成、あるいはシュローダー・グループの関係会社等が作成した資料を弊社が和訳および編集したものであり、いかなる有価証券の売買の申し込み、その他勧誘を目的とするものではありません。英語原文と本ページの内容に相違がある場合には、原文が優先します。本ページに示されている運用実績、データ等は過去のものであり、将来の投資成果等を示唆あるいは保証するものではありません。投資資産および投資によりもたらされる収益の価値は上方にも下方にも変動し、投資元本を毀損する場合があります。また外貨建て資産の場合は、為替レートの変動により投資価値が変動します。本ページは、作成時点において弊社が信頼できると判断した情報に基づいて作成されておりますが、弊社はその内容の正確性あるいは完全性について、これを保証するものではありません。本ページ中に記載されたシュローダーの見解は、策定時点で知りうる範囲内の妥当な前提に基づく所見や展望を示すものであり、将来の動向や予測の実現を保証するものではありません。市場環境やその他の状況等によって将来予告なく変更する場合があります。本ページ中に個別銘柄、業種、国、地域等についての言及がある場合は例示を目的とするものであり、当該個別銘柄等の購入、売却などいかなる投資推奨を目的とするものではありません。また当該銘柄の株価の上昇または下落等を示唆するものでもありません。予測値は将来の傾向を例示することを目的とするものであり、その実現を示唆あるいは保証するものではりません。実際には予測値と異なる結果になる場合があります。本ページに記載された予測値は、様々な仮定を元にした統計モデルにより導出された結果です。予測値は将来の経済や市場の要因に関する高い不確実性により変動し、将来の投資成果に影響を与える可能性があります。これらの予測値は、本ページ使用時点における情報提供を目的とするものです。今後、経済や市場の状況が変化するのに伴い、予測値の前提となっている仮定が変わり、その結果予測値が大きく変動する場合があります。シュローダーは予測値、前提となる仮定、経済および市場状況の変化、予測モデルその他に関する変更や更新について情報提供を行う義務を有しません。本ページ中に含まれる第三者機関提供のデータは、データ提供者の同意なく再製、抽出、あるいは使用することが禁じられている場合があります。第三者機関提供データはいかなる保証も提供いたしません。第三者提供データに関して、弊社はいかなる責任を負うものではありません。MSCIは、本資料に含まれるいかなるMSCIのデータについても、明示的・黙示的に保証せず、またいかなる責任も負いません。MSCIのデータを、他の指数やいかなる有価証券、金融商品の根拠として使用する、あるいは再配布することは禁じられています。本資料はMSCIにより作成、審査、承認されたものではありません。いかなるMSCIのデータも、投資助言や投資に関する意思決定を行う事(又は行わない事)の推奨の根拠として提供されるものではなく、また、そのようなものとして依拠されるべきものでもありません。 シュローダー/Schroders とは、シュローダー plcおよびシュローダー・グループに属する同社の子会社および関連会社等を意味します。本ページを弊社の許諾なく複製、転用、配布することを禁じます。