投資家の多くは個人的な信条に反する投資を望まない

0%

個人的な信条に反する投資は行わないと回答した投資家の割合

投資知識が「専門家」または「上級レベル」の投資家は、高い投資リターンが期待できる場合には個人的な信条に反する投資を行う、と回答した割合が高い

専門家/上級レベル

0%

中級レベル

0%

初心者/初級レベル

0%

年齢層が高いほど個人的な信条に反する投資判断を行う投資家の割合が低い

0%
ミレニアル世代 (18~37歳)
0%
ジェネレーションX (38~50歳)
0%
ベビーブーマー世代 (51~70歳)
0%
71歳以上 (71+)

持続可能な社会の実現に貢献する方法として、サステナブル・ファンドへの投資が増加

0%

サステナビリティを考慮しないファンドよりも、サステナブル・ファンドを頻繁に選ぶと回答した投資家の割合

0%

同じ質問に対する 2018年の回答

高い投資リターンと環境に対するプラスの影響が投資する動機

サステナブル投資に魅力を感じるか?それはなぜか?

環境への幅広い影響から魅力を感じる

高い投資リターンが期待できるので魅力を感じる

個人的な信条に合っているので魅力を感じる

高い投資リターンを見込めないので魅力を感じない

個人的な信条に合わないので魅力を感じない


資産運用業界はサステナブル投資を望む投資家の要望を満たすため、更なる取り組みが求められる

0%

投資家が求めた場合のみ、ファイナンシャル・アドバイザーはサステナブル投資に関する情報を提供していると回答した投資家の割合

気候変動は社会全体が取り組むべき課題

気候変動の抑制に対して誰が責任を負うべきか?

各国政府/規制当局

国際組織(国連など)

企業

個人(自分自身)

圧力団体/社会運動

NGO(非政府組織)/慈善団体

資産運用会社/主要株主

サステナブル投資の情報開示を進めることは、信頼獲得のために重要

0%

サステナビリティに関する情報開示が十分でない場合、運用商品提供会社の信頼が損なわれると考える投資家の割合

適切な情報開示を行うことによってサステナブル投資に対する信頼性が高まる

「サステナブル投資」とみなすために必要な情報

第三者機関による認証(サステナブル投資であることを独立した第三者が確認する)

運用商品提供会社自身による認証

運用商品提供会社による定期的な情報公開

情報は不要