アクティブマネジャーのミッション


アクティブマネジャーのミッションを一言で定義するとしたら「金額ベースの累積超過リターンを最大化すること」と表現できるのではないかと思います。構成要素としては、超過リターン、運用資産額に加えて顧客の投資タイミングが関わってきます。結果として、運用主体の収入や利益が増えれば、顧客と運用者双方にとって望ましい形と言えます。

運用戦略の発展段階として、①少額で運用をスタート、②高い超過リターンを実現、③運用実績を看板に運用資産を拡大、④新規販売停止等のキャパシティマネジメントを導入、を想定してみます。先述のミッションを実現すべく、運用戦略の適切なライフサイクルマネジメントを行うためには、運用開始の初期段階から意識して行動することが重要です。

以下、金額ベースの累積超過リターンを最大化するために何ができるかを考えてみます。会社としての取り組みとなると、商品開発や営業戦略なども含まれてきますが、ここでは直接の担当領域である運用部門でできることに絞って議論を進めたいと思います。

リターンを高めるための方策:確信度の高い銘柄に集中する、常に代替候補を用意する、新規アイデア創出のスピードを上げるなどが考えられます。

主に取引コストの観点から運用資産拡大時に支障が生じる要素として、高回転率、上位集中度の高さ、小型株の保有などが挙げられます。緩和策としては、中長期の投資アイデアに絞る、新規組入は人気落ちのタイミングで時間をかけて行う、資金流出入時を活用して比率調整する、急な資金手当てには流動性のある大型株を充てる、調整弁として指数先物を有効活用するなどが挙げられます。

キャパシティを拡大するための方策:投資ユニバースの拡大、銘柄分散、大型株へのシフトなどが考えられますが、超過リターンの希薄化を招かぬよう慎重な配慮が求められます。社内外の他のプロフェッショナルの知恵や力を有効活用する、運用と直接関係の薄い業務は効率化、省力化するなどの取り組みも重要です。

資金流出入のコントロール:最大の難所は投資家の売買タイミングのコントロールです。自然の流れに任せていると、パフォーマンスの天井近辺で資金が流入し、大底近辺で資金が流出するということになりがちで、金額ベースの超過リターン最大化にとっては逆行する要因となります。普段から営業部門や顧客との信頼関係が構築できていることを前提に、一時的にパフォーマンスが悪化している時に強く推奨する、巡航速度以上に好成績な時には抑制的な説明を行うといった働きかけができると理想的です。ただ、「言うは易く行うは難し」とはまさにこのことで、現実にはなかなかうまくいきません。今後もどうしたら成果を上げられるか真摯に向き合っていきたい課題です。

 

  本コラムでは日本株式運用チームのファンドマネジャーやアナリストが毎月入れ替わりで、市場や業界での注目点、気になった話題などをご紹介します。

 

【本ページに関するご留意事項】 本ページは、情報提供を目的として、シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下「弊社」といいます。)が作成、あるいはシュローダー・グループの関係会社等が作成した資料を弊社が和訳および編集したものであり、いかなる有価証券の売買の申し込み、その他勧誘を目的とするものではありません。英語原文と本ページの内容に相違がある場合には、原文が優先します。本ページに示されている運用実績、データ等は過去のものであり、将来の投資成果等を示唆あるいは保証するものではありません。投資資産および投資によりもたらされる収益の価値は上方にも下方にも変動し、投資元本を毀損する場合があります。また外貨建て資産の場合は、為替レートの変動により投資価値が変動します。本ページは、作成時点において弊社が信頼できると判断した情報に基づいて作成されておりますが、弊社はその内容の正確性あるいは完全性について、これを保証するものではありません。本ページ中に記載されたシュローダーの見解は、策定時点で知りうる範囲内の妥当な前提に基づく所見や展望を示すものであり、将来の動向や予測の実現を保証するものではありません。市場環境やその他の状況等によって将来予告なく変更する場合があります。本ページ中に個別銘柄、業種、国、地域等についての言及がある場合は例示を目的とするものであり、当該個別銘柄等の購入、売却などいかなる投資推奨を目的とするものではありません。また当該銘柄の株価の上昇または下落等を示唆するものでもありません。予測値は将来の傾向を例示することを目的とするものであり、その実現を示唆あるいは保証するものではりません。実際には予測値と異なる結果になる場合があります。本ページに記載された予測値は、様々な仮定を元にした統計モデルにより導出された結果です。予測値は将来の経済や市場の要因に関する高い不確実性により変動し、将来の投資成果に影響を与える可能性があります。これらの予測値は、本ページ使用時点における情報提供を目的とするものです。今後、経済や市場の状況が変化するのに伴い、予測値の前提となっている仮定が変わり、その結果予測値が大きく変動する場合があります。シュローダーは予測値、前提となる仮定、経済および市場状況の変化、予測モデルその他に関する変更や更新について情報提供を行う義務を有しません。本ページ中に含まれる第三者機関提供のデータは、データ提供者の同意なく再製、抽出、あるいは使用することが禁じられている場合があります。第三者機関提供データはいかなる保証も提供いたしません。第三者提供データに関して、弊社はいかなる責任を負うものではありません。シュローダー/Schroders とは、シュローダー plcおよびシュローダー・グループに属する同社の子会社および関連会社等を意味します。本ページを弊社の許諾なく複製、転用、配布することを禁じます。