投資環境レポート

転換点に近づく新興国債券市場

2018年8月31日

ジェームズ・バリノー

ジェームズ・バリノー

エマージング債券・対ベンチマーク運用ヘッド

4月半ばより新興国債券市場は下落基調が続いてきましたが、8月中旬以降、同市場に魅力的な投資機会が生まれ始めていると考えます。

歴史的に新興券市場においては弱気トレンドが継続することを示唆する3つのチェックポイントがあると言われており、投資家は新興国債券市場への投資を再開する前に市場がこれらのチェックポイントを通過したか否かを確認すると良いでしょう。我々の分析では、足元の市場はこれらを通過しつつあると考えられ、投資機会が生まれ始めていると考えます。

チェックポイント①:米ドル高=新興国は弱気トレンド継続

米ドルは4月16日以降約5.8%上昇している一方、米ドル建て新興国国債インデックスは約2.3%、現地通貨建て新興国国債インデックスは12.9%の下落となっています。



チェックポイント②:

米ドル高によって新興国と先進国との間に亀裂が生じる=新興国は弱気トレンド継続 

この場合、外貨建て債務が多い新興国、つまり経常赤字が大きい国がより強い売り圧力を受けます。例としては、トルコやアルゼンチンを挙げられるでしょう。

年初来で、米ドル建てトルコ国債は約16%、トルコ・リラは約41%価格が下落しています。またアルゼンチンに関しても、米ドル建てアルゼンチン国債が約22%価格が下落し、アルゼンチン・ペソは約45%対米ドルで下落しています。



チェックポイント③:流動性低下に対する政策対応が十分に実施される=新興国の弱気トレンド国債の売りは最終局面段階 

アルゼンチンは、IMF(国際通貨基金)から500億ドルの融資枠につき承認を受け、支援が実施されているほか、中央銀行は政策金利を60%に引き上げ、金融政策による通貨防衛対応も行っています。

トルコでは、取引コストの上昇により、投機的なトルコ・リラの売りを抑制するため、トルコ国内銀行と海外投資家との為替スワップ取引に制限が課されました。また、カタールがトルコへの150億ドルの直接投資を表明したほか、財務相が市場の懸念緩和に向けた行動計画を策定したと明らかにしました。

インドネシアは今回の下落の中心とはなっていませんが、市場安定のための積極的な対応として、利上げが実施されました。市場は悪化した投資家心理に対して政策対応がどの程度効果があるのかを見極めようとしている状況です。8月初めから2週目までに、米ドル建てソブリン債インデックスは0.2%、現地通貨建て国債インデックスは1.7%以上下落しました。

過去の例に基づくと、これら3つのチェックポイントを通過すると、新興国債券市場の弱気トレンドは転換点を迎えると考えられます。




転換点:先進国主導の流動性改善=新興国国債は買い

もしグローバルもしくは新興国市場における混乱圧力が、米国のファンダメンタルズに影響を与え始めた場合、FRB(米連邦準備制度理事会)は利上げペースの緩和を示唆することが考えられます。このような中銀の金融政策スタンスのハト派転換は、流動性改善に繋がると考えられ、実際に2016年の初めから2017年に亘る新興国市場の劇的な回復の始まりとなりました。

また、極端な米ドル高、あるいは急速な株式市場の調整による米国景気の減速のほか、貿易摩擦による負の影響が意識された場合も同様の効果を導く可能性があります。

 

いつ転換期を迎えるのか?

現在通過中のステップ3から転換点まで、どれ程の時間がかかるのかはまだ不透明な状況です。しかしながら、直近起きた新興国債券・通貨市場の下落は急激であり、現在の水準が持つ割安感から同市場への投資を再開する投資家が増加する可能性もあると考えられるでしょう。過去に起きた多くの転換点と同様、転換点の通過を確認してから投資を再開することは投資タイミングが遅れることを意味し、反発局面を十分に捉えきれない結果に繋がる可能性があります。新興国債券市場は転換点の特定が難しいと言えますが、我々は現在この局面が近づいていると考えます。

本ページは、Schroders Investment Management Limitedが海外の機関投資家向けに作成した資料を、シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社が翻訳・編集したものです。本ページは、シュローダーのグローバルベースの一般的な取り組み・考え方をご紹介する目的で作成しており、日本の投資者を対象としない内容を含む場合があります。

【本ページに関するご留意事項】 本ページは、情報提供を目的として、シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下「弊社」といいます。)が作成、あるいはシュローダー・グループの関係会社等が作成した資料を弊社が和訳および編集したものであり、いかなる有価証券の売買の申し込み、その他勧誘を目的とするものではありません。英語原文と本ページの内容に相違がある場合には、原文が優先します。本ページに示されている運用実績、データ等は過去のものであり、将来の投資成果等を示唆あるいは保証するものではありません。投資資産および投資によりもたらされる収益の価値は上方にも下方にも変動し、投資元本を毀損する場合があります。また外貨建て資産の場合は、為替レートの変動により投資価値が変動します。本ページは、作成時点において弊社が信頼できると判断した情報に基づいて作成されておりますが、弊社はその内容の正確性あるいは完全性について、これを保証するものではありません。本ページ中に記載されたシュローダーの見解は、策定時点で知りうる範囲内の妥当な前提に基づく所見や展望を示すものであり、将来の動向や予測の実現を保証するものではありません。市場環境やその他の状況等によって将来予告なく変更する場合があります。本ページ中に個別銘柄、業種、国、地域等についての言及がある場合は例示を目的とするものであり、当該個別銘柄等の購入、売却などいかなる投資推奨を目的とするものではありません。また当該銘柄の株価の上昇または下落等を示唆するものでもありません。予測値は将来の傾向を例示することを目的とするものであり、その実現を示唆あるいは保証するものではりません。実際には予測値と異なる結果になる場合があります。本ページに記載された予測値は、様々な仮定を元にした統計モデルにより導出された結果です。予測値は将来の経済や市場の要因に関する高い不確実性により変動し、将来の投資成果に影響を与える可能性があります。これらの予測値は、本ページ使用時点における情報提供を目的とするものです。今後、経済や市場の状況が変化するのに伴い、予測値の前提となっている仮定が変わり、その結果予測値が大きく変動する場合があります。シュローダーは予測値、前提となる仮定、経済および市場状況の変化、予測モデルその他に関する変更や更新について情報提供を行う義務を有しません。本ページ中に含まれる第三者機関提供のデータは、データ提供者の同意なく再製、抽出、あるいは使用することが禁じられている場合があります。第三者機関提供データはいかなる保証も提供いたしません。第三者提供データに関して、弊社はいかなる責任を負うものではありません。シュローダー/Schroders とは、シュローダー plcおよびシュローダー・グループに属する同社の子会社および関連会社等を意味します。本ページを弊社の許諾なく複製、転用、配布することを禁じます。