シュローダー・インサイト

中国A株投資の魅力とは

2019年8月13日

ルイーザ・ロー

ルイーザ・ロー

グレーターチャイナ株式 ヘッド

中国の国内株式市場は足元存在感が増しており、投資家にとって魅力的な長期的な投資機会であると考えます。しかしながら世界経済の成長に占める中国の割合と、世界の株式市場に占める中国の割合とには依然大きな乖離があります。現在、中国株式は、MSCI ACWIの約34%しか占めていないのに対し、世界のGDPに占める中国の割合は約15%です。こうした環境下、中国当局が海外投資家に対し市場開放を進めていることや、MSCIが中国A株の株式指数への組み入れ比率を引き上げると決定したこと等を踏まえ、シュローダーでは、中国株式市場の存在感は急速に高まるものと考えます。

 

中国株式への投資方法

現在投資家が中国株式へ投資する方法として以下が挙げられます。

  1. 香港上場(H株やレッドチップ、Pチップ等)
  2. 米国NASDAQ市場に上場している預託証券(AlibabaやBaiduといった大型テクノロジー銘柄等)
  3. オンショア国内市場(A株)

このなかで特にA株については、近年、市場開放が進みアクセスが改善しつつある市場であり、2014年に上海・香港、2016年に深セン・香港ストックコネクト制度が導入された結果、海外投資家は香港証券取引所を通してA株への投資が可能となりました。

中国国内の個人投資家による独占状態

A株市場は、依然国内の個人投資家による独占状態が続いています。日次売買高のうち、A株市場では約80%を個人投資家が占めているのに対し、香港市場では約35%に留まっています。個人投資家の比率が高いことは、A株市場が先進国株式市場と比べ変動が高まる要因の一つに挙げられると考えます。これは、個人投資家は通常投資ホライズンが相対的に短く、マーケットイベントにも敏感なため、売買が多く発生しがちなためで、市場の非対称性を生かすことのできるアクティブ投資家にとっては有利な市場であるといえます。

投資家の関心の変化

過去数年間、中国における経済成長を消費が牽引してきたことを背景に、投資家が関心を持つ銘柄も変化してきました。インフラや銀行、通信といった「オールドエコノミー」銘柄から、生活必需品や食品・飲料といった消費財や、ヘルスケアや一般消費財、情報技術等「ニューエコノミー」と呼ばれる銘柄へ関心が移っており、この流れは今後も続くものと考えます。

また、その他表れてきた投資機会としては、中国国内での質の高い製品への需要があり、生産性の向上が課題となっている中、自動化技術にまつわる投資機会も見られると考えます。

A株市場の魅力

このように中国が大きく変化しつつあるなかで、香港市場がテクノロジーや銀行、コモディティセクターが市場の大半を占めているのに対し、A株市場のセクター構成はバランスが取れていることから、投資家にとってはより分散の効いたポートフォリオを構築することが可能になるといえます。

また、中国株式市場はグローバル株式市場との相関が相対的に低いことも魅力的です。エマージング市場であることから変動は相対的には大きくなりますが、株式ポートフォリオに中国株式を組み入れることは、分散の観点から有効性があると指摘できます。

また、コーポレートガバナンスに改善が見られつつある点もポジティブにみています。先進国と比較すると相対的には対応に遅れが見られるものの、機関投資家によるエンゲージメントの増加等を背景に、今後は中国国内におけるESG基準も改善されると考えています。

 

 

【本ページに関するご留意事項】 本ページは、情報提供を目的として、シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下「弊社」といいます。)が作成、あるいはシュローダー・グループの関係会社等が作成した資料を弊社が和訳および編集したものであり、いかなる有価証券の売買の申し込み、その他勧誘を目的とするものではありません。英語原文と本ページの内容に相違がある場合には、原文が優先します。本ページに示されている運用実績、データ等は過去のものであり、将来の投資成果等を示唆あるいは保証するものではありません。投資資産および投資によりもたらされる収益の価値は上方にも下方にも変動し、投資元本を毀損する場合があります。また外貨建て資産の場合は、為替レートの変動により投資価値が変動します。本ページは、作成時点において弊社が信頼できると判断した情報に基づいて作成されておりますが、弊社はその内容の正確性あるいは完全性について、これを保証するものではありません。本ページ中に記載されたシュローダーの見解は、策定時点で知りうる範囲内の妥当な前提に基づく所見や展望を示すものであり、将来の動向や予測の実現を保証するものではありません。市場環境やその他の状況等によって将来予告なく変更する場合があります。本ページ中に個別銘柄、業種、国、地域等についての言及がある場合は例示を目的とするものであり、当該個別銘柄等の購入、売却などいかなる投資推奨を目的とするものではありません。また当該銘柄の株価の上昇または下落等を示唆するものでもありません。予測値は将来の傾向を例示することを目的とするものであり、その実現を示唆あるいは保証するものではりません。実際には予測値と異なる結果になる場合があります。本ページに記載された予測値は、様々な仮定を元にした統計モデルにより導出された結果です。予測値は将来の経済や市場の要因に関する高い不確実性により変動し、将来の投資成果に影響を与える可能性があります。これらの予測値は、本ページ使用時点における情報提供を目的とするものです。今後、経済や市場の状況が変化するのに伴い、予測値の前提となっている仮定が変わり、その結果予測値が大きく変動する場合があります。シュローダーは予測値、前提となる仮定、経済および市場状況の変化、予測モデルその他に関する変更や更新について情報提供を行う義務を有しません。本ページ中に含まれる第三者機関提供のデータは、データ提供者の同意なく再製、抽出、あるいは使用することが禁じられている場合があります。第三者機関提供データはいかなる保証も提供いたしません。第三者提供データに関して、弊社はいかなる責任を負うものではありません。シュローダー/Schroders とは、シュローダー plcおよびシュローダー・グループに属する同社の子会社および関連会社等を意味します。本ページを弊社の許諾なく複製、転用、配布することを禁じます。MSCIは、本資料に含まれるいかなるMSCIのデータについても、明示的・黙示的に保証せず、またいかなる責任も負いません。MSCIのデータを、他の指数やいかなる有価証券、金融商品の根拠として使用する、あるいは再配布することは禁じられています。本資料はMSCIにより作成、審査、承認されたものではありません。いかなるMSCIのデータも、投資助言や投資に関する意思決定を行う事(又は行わない事)の推奨の根拠として提供されるものではなく、また、そのようなものとして依拠されるべきものでもありません。