シュローダー・インサイト

過熱したインフラマーケットで競争を避けた投資機会を提供 インフラジュニアデット

インフラファイナンスにおける資金調達手段の多様化

 機関投資家の投資対象としてのインフラストラクチャーマーケットは、過去10年間で世界規模の高成長を遂げてきた。しかし投資家のドライパウダーが積み上がっていること、投資対象となるインフラ資産に限りがあることから、マーケット構造が変化し始めている。すなわち、インフラエクイティファンドの急速な成長を背景に案件獲得が激化した結果、プロジェクトスポンサーに、リターン確保のための資金調達手段を多様化させる必要性が生じつつある。
 また、インフラプロジェクトファイナンスにおけるレンダーの立場からも、マーケットの過熱による潜在的なリスク上昇に備え、資本構造におけるより厚いクッションが求められている。このような背景から台頭しつつある資金調達手法がインフラジュニアデットだ。

インフラシニアデットとジュニアデット

 下図の通り、ジュニアデットとシニアデットの年間発行額、保有期間、期待リターン、リスク特性、市場参加者などは大きく異なる。一般的にシニアデットは保有期間が長く、デュレーションを求める投資家向きだ。一方ジュニアデットは保有期間が短く、相対的に短期間での流動性プレミアムを求める投資家に適する。そのため、インフラプロジェクトのスポンサーは両者の違いを十分に認識し、それぞれの投資家ニーズに応じて複数のトランシェを設定する。
 例えば年金基金のポートフォリオにおいて、ジュニアデットはより短期で高いインカムをもたらし、シニアデットはデュレーションのマッチングやヘッジ機能を提供する。

ジュニアデットへの投資家の参加は限定的

 プライベートマーケットにおけるインフラデットファンドのファンドレイズ額は、インフラエクイティファンドの約10分の1と言われており、まだ過熱にはほど遠い。中でもジュニアデットは、さらに需給環境が良い投資資産だ。
 プロジェクトファイナンスにおけるシニアデットの主な担い手である銀行は、IGクレジットを主な投資対象とする。また、ソルベンシーII規制を受ける保険会社は、資本負荷が軽減されるIGクレジットを主体に投資し、サブIGクレジットを回避するインセンティブを持つ。その結果、資金ニーズが増えるジュニアデットの中心であるサブIGセグメントへの投資家の参加は限定的だ。機関投資家にとって、まだまだ投資妙味のある資産と言える。

 

本レポートは、機関投資家向けに作成した資料です。本レポートは、シュローダーのグローバルベースの一般的な取り組み・考え方をご紹介する目的で作成しており、日本の投資者を対象としない内容を含む場合があります。

 

【本ページに関するご留意事項】 本ページは、情報提供を目的として、シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下「弊社」といいます。)が作成、あるいはシュローダー・グループの関係会社等が作成した資料を弊社が和訳および編集したものであり、いかなる有価証券の売買の申し込み、その他勧誘を目的とするものではありません。英語原文と本ページの内容に相違がある場合には、原文が優先します。本ページに示されている運用実績、データ等は過去のものであり、将来の投資成果等を示唆あるいは保証するものではありません。投資資産および投資によりもたらされる収益の価値は上方にも下方にも変動し、投資元本を毀損する場合があります。また外貨建て資産の場合は、為替レートの変動により投資価値が変動します。本ページは、作成時点において弊社が信頼できると判断した情報に基づいて作成されておりますが、弊社はその内容の正確性あるいは完全性について、これを保証するものではありません。本ページ中に記載されたシュローダーの見解は、策定時点で知りうる範囲内の妥当な前提に基づく所見や展望を示すものであり、将来の動向や予測の実現を保証するものではありません。市場環境やその他の状況等によって将来予告なく変更する場合があります。本ページ中に個別銘柄、業種、国、地域等についての言及がある場合は例示を目的とするものであり、当該個別銘柄等の購入、売却などいかなる投資推奨を目的とするものではありません。また当該銘柄の株価の上昇または下落等を示唆するものでもありません。予測値は将来の傾向を例示することを目的とするものであり、その実現を示唆あるいは保証するものではりません。実際には予測値と異なる結果になる場合があります。本ページに記載された予測値は、様々な仮定を元にした統計モデルにより導出された結果です。予測値は将来の経済や市場の要因に関する高い不確実性により変動し、将来の投資成果に影響を与える可能性があります。これらの予測値は、本ページ使用時点における情報提供を目的とするものです。今後、経済や市場の状況が変化するのに伴い、予測値の前提となっている仮定が変わり、その結果予測値が大きく変動する場合があります。シュローダーは予測値、前提となる仮定、経済および市場状況の変化、予測モデルその他に関する変更や更新について情報提供を行う義務を有しません。本ページ中に含まれる第三者機関提供のデータは、データ提供者の同意なく再製、抽出、あるいは使用することが禁じられている場合があります。第三者機関提供データはいかなる保証も提供いたしません。第三者提供データに関して、弊社はいかなる責任を負うものではありません。シュローダー/Schroders とは、シュローダー plcおよびシュローダー・グループに属する同社の子会社および関連会社等を意味します。本ページを弊社の許諾なく複製、転用、配布することを禁じます。