シュローダー・インサイト

コロナ危機後の欧米不動産投資はファンダメンタルズに回帰

加速するメガトレンドと質への逃避

 2020年3月から欧米主要都市がロックダウンに入った影響で、経済の先行きが見直されている。景気回復後も、今回の世界的な危機は社会・経済に長期的な影響を残すだろう。一方、不動産投資におけるメガトレンドは変わらず、むしろ一部の構造的変化がより加速すると考える。
 オンライン販売へのシフトで数年前から脆弱な商業セクターは、新型コロナウイルスの打撃により調整が一層加速し、投資需要も下落傾向が続く見込みだ。オフィスセクターでは、若年層のライフスタイルやテクノロジーの用などに応じ企業の需要が進化し、在宅ないしはリモート勤務の増加により柔軟性の高いリース形態と、顧客と従業員にアピールする多目的なハブ空間としての機能性向上が求められる。環境および健康への配慮についても注目が高まり、不動産投資の中心的な指針となるだろう。
 低金利環境が続く市場サイクルにおいて、長期的に価値が保全され、収益の安定した利回り資産への需要は強い。一方、企業破綻の発生や需給バランスの変化など、リスクプレミアムが拡大する前提で投資戦略を練る必要がある。

流動性が高く調整が早い英国ロンドン不動産市場


 不動産投資のリスクリターンを左右する大きな要因の一つは、投資対象地域の選定だ。新型コロナウイルスの影響を最も受けているのは主要都市であるものの、今後の回復と長期的な成長性を考えると、やはり産業の多様性があり、労働市場が流動的であるなど、イノベーション基盤が充実したロンドン、ニューヨークなどの大都市が再び経済を牽引することは否定し難い。中でも交通アクセス、周辺アメニティ、敷地形状および権利形態などに優れ、代替用途価値に支えられる物件は引き続き競争力を維持するだろう。ただし、前述のような物件に最初から安定利回りがついているコア物件は、取得競争が激しく利回りが低い傾向にある。従ってリスクプレミアム付きで取得した後、保有期間中にコア物件化する余地のある、コアプラスないしはバリューアッド型に投資妙味があると考える。
 既に世界は深刻な不況に突入しており、今後の見通しは不透明だ。どのようなシナリオにも耐えるよう、テナントのニーズの把握と協調関係構築、各種リスクの管理、戦略性と規律あるアセットマネジメントは必須だろう。一方で投資市場は不安材料を先取りするため、弱含みな経済環境下でも優良物件を厳選しての投資が可能だ。例えば英国ロンドンの不動産市場は歴史的に最も流動性が高く、価格調整も早い。1990年代の不景気では、92年12月に下落に転じてから6ヶ月程度で、前回の金融危機では2008年12月に下落し始めてから9ヶ月程度で底打ちし、1年以内に明らかな価格上昇に転じた。加えて英国市場は、すでにブレグジットの不確定要因によるリスクが織り込まれ、他の主要市場に比べ高い期待利回りを維持している。更なる調整が起きれば相対的な割安感は顕著になり、2020年後半~21年までに投資好機が訪れるだろう。

 

本レポートは、機関投資家向けに作成した資料です。本レポートは、シュローダーのグローバルベースの一般的な取り組み・考え方をご紹介する目的で作成しており、日本の投資者を対象としない内容を含む場合があります。

 

【本ページに関するご留意事項】 本ページは、情報提供を目的として、シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下「弊社」といいます。)が作成、あるいはシュローダー・グループの関係会社等が作成した資料を弊社が和訳および編集したものであり、いかなる有価証券の売買の申し込み、その他勧誘を目的とするものではありません。英語原文と本ページの内容に相違がある場合には、原文が優先します。本ページに示されている運用実績、データ等は過去のものであり、将来の投資成果等を示唆あるいは保証するものではありません。投資資産および投資によりもたらされる収益の価値は上方にも下方にも変動し、投資元本を毀損する場合があります。また外貨建て資産の場合は、為替レートの変動により投資価値が変動します。本ページは、作成時点において弊社が信頼できると判断した情報に基づいて作成されておりますが、弊社はその内容の正確性あるいは完全性について、これを保証するものではありません。本ページ中に記載されたシュローダーの見解は、策定時点で知りうる範囲内の妥当な前提に基づく所見や展望を示すものであり、将来の動向や予測の実現を保証するものではありません。市場環境やその他の状況等によって将来予告なく変更する場合があります。本ページ中に個別銘柄、業種、国、地域等についての言及がある場合は例示を目的とするものであり、当該個別銘柄等の購入、売却などいかなる投資推奨を目的とするものではありません。また当該銘柄の株価の上昇または下落等を示唆するものでもありません。予測値は将来の傾向を例示することを目的とするものであり、その実現を示唆あるいは保証するものではりません。実際には予測値と異なる結果になる場合があります。本ページに記載された予測値は、様々な仮定を元にした統計モデルにより導出された結果です。予測値は将来の経済や市場の要因に関する高い不確実性により変動し、将来の投資成果に影響を与える可能性があります。これらの予測値は、本ページ使用時点における情報提供を目的とするものです。今後、経済や市場の状況が変化するのに伴い、予測値の前提となっている仮定が変わり、その結果予測値が大きく変動する場合があります。シュローダーは予測値、前提となる仮定、経済および市場状況の変化、予測モデルその他に関する変更や更新について情報提供を行う義務を有しません。本ページ中に含まれる第三者機関提供のデータは、データ提供者の同意なく再製、抽出、あるいは使用することが禁じられている場合があります。第三者機関提供データはいかなる保証も提供いたしません。第三者提供データに関して、弊社はいかなる責任を負うものではありません。シュローダー/Schroders とは、シュローダー plcおよびシュローダー・グループに属する同社の子会社および関連会社等を意味します。本ページを弊社の許諾なく複製、転用、配布することを禁じます。