/ja-JP/sysglobalassets/staticfiles/campaigns/japan/equity-landing/img/lens_thick_blue.svg

シュローダーの日本株運用

40年を超える日本株運用の歴史と
これからの日本株運用について

日本株運用の歴史

日本との関わりは、約150年前の1870年。日本初の鉄道敷設のために日本政府が初めて発行した国債の主幹事を務めたことに遡ります。

現在のコア戦略へと発展する日本株ファンドは1977年に運用開始。そして現在主力となっているその他の戦略の多くは80年代、90年代に運用開始されました。

国内においては機関投資家向けとして91年の公的年金との契約を皮切りに、リテール向けでも92年に日本株投信第一号が設定されています。

Image
Image

スペシャリストによる運用

シュローダーの日本株運用チームファンドマネジャーは、在籍年数平均15年以上のスペシャリスト集団です。投資哲学を共有しながら、それぞれが経験を活かした特徴のある運用戦略を提供しています。

日本株運用のこれから

日本企業を理解する上でグローバルな視点が欠かせませんが、シュローダーは世界各地の現地情報を直接入手できる強みがあります。 また昨今ではビックデータも重要なキーワードとなっています。シュローダーはロンドン本社にデータ分析チームを有しており、世界各地の運用チームをサポートする体制を構築しています。

株式運用に欠かせないESGの観点

シュローダーは、20年以上にわたりESGの要素を取り込んだ運用を実践し、投資収益と社会全体への利益の双方を追求しています。 私たちは真のESGソリューションプロバイダーを目指し、資産運用を通じて、よりよい未来に向けたインパクトを与える存在でありたいと考えています。

日本株運用戦略一覧

アクティブ・コア戦略

目標リターン(年率)
TOPIX(配当込み)+2.5%

中長期的に高い利益成長力を有しながら割安な銘柄に投資。リサーチ体制と一体となって、個別銘柄ベースでアクティブリスクを取りつつ、ファンドマネジャーによる規律あるポートフォリオ運営を通じて中長期的に安定した超過収益の獲得を目指す戦略。確信度の高いリサーチアイデアをベースにしたチーム運用を実践。

サステナブル戦略
(ESG型)

目標リターン(年率)
TOPIX(配当込み)+3.0%

マネジメントの質や経営戦略など長期リターンを左右する定性評価を重視する戦略で、銘柄選択においてESG(環境・社会・ガバナンス)の観点を加味し、持続的に利益の成長が期待されると判断する企業、エンゲージメント(企業との建設的対話)を通じてESGの観点で今後の改善が期待できる企業に集中投資を行う。

グロース戦略
(高アルファ型)

目標リターン(年率)
TOPIX(配当込み)+4.0%

ボトムアップ・リサーチを重視して、世界で通用する競争力を持ち、中長期で高い利益成長を遂げるグロース企業を発掘し、長期集中投資を行う。「競争優位性」と「長期成長ドライバー」に着目した独自の銘柄選択基準によりグロース企業を厳選。

オポチュニティ戦略
(高アルファ型)

目標リターン(年率)
TOPIX(配当込み)+3.0%

成長性と割安さを兼ね備えた銘柄の発掘と長期保有を基本戦略とし、長期的なリターンの最大化を追求。ベンチマーク非制約型で、ファンドマネジャーの自由裁量が大きく、リサーチ体制を活用しつつ、ファンドマネジャー自らのリサーチも重視。長期投資を志向し、市場の極端な偏りに対しては信念をもって逆張り。

戦略イールド戦略
(イールド重視型)

目標リターン(年率)
TOPIX(配当込み)+3.0%

高利回り銘柄、配当成長銘柄、キャッシュリッチ銘柄の三つに注目し、ベストアイデアに基づく銘柄選択でポートフォリオを構築し、高水準の配当収益と中長期的な値上がり益の獲得によるトータルリターンを追求。高利回りだけでなく、将来の利益の成長性や株主重視の姿勢なども重視。

小型株式戦略

目標リターン(年率)
ラッセル野村小型株(配当込み) +4.0%

短期的ノイズにより非効率性が高い中・小型株式市場において、小型株専任チームが中心となり、徹底したボトムアップ・リサーチをベースに、規律ある運用を行う。企業の中長期的な成長力とバリュエーション評価を重視して、安定的な超過収益獲得を目指す。

マイクロキャップ戦略

目標リターン(年率)
ラッセル野村マイクロキャップ
(配当込み) +4.0%

短期的ノイズにより非効率性が高いマイクロキャップ市場において、小型株専任チームが中心となり、徹底したボトムアップ・リサーチをベースに、規律ある運用を行う。独自調査によるノン・コンセンサス銘柄への投資を重視し、将来の中型株・大型株になる可能性のある銘柄や市場の下落局面、マクロ変動にも左右されずに企業価値を向上させている銘柄に投資。

【本ページに関するご留意事項】

本ページは、情報提供を目的として、シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下「弊社」といいます。)が作成、あるいはシュローダー・グループの関係会社等が作成した資料を弊社が和訳および編集したものであり、いかなる有価証券の売買の申し込み、その他勧誘を目的とするものではありません。また本ページの内容は、いかなる財務、法務、税務に関する助言あるいは投資推奨を意図するものではありません。英語原文と本ページの内容に相違がある場合には、原文が優先します。本ページは、作成時点において弊社が信頼できると判断した情報に基づいて作成されておりますが、弊社はその内容の正確性あるいは完全性について、これを保証するものではありません。本ページ中に記載されたシュローダーの見解は、策定時点で知りうる範囲内の妥当な前提に基づく所見や展望を示すものであり、将来の動向や予測の実現を保証するものではありません。市場環境やその他の状況等によって将来予告なく変更する場合があります。本ページ中に業種、国、地域等についての言及がある場合は例示を目的とするものであり、いかなる投資推奨を目的とするものではありません。予測値は将来の傾向を例示することを目的とするものであり、その実現を示唆あるいは保証するものではありません。実際には予測値と異なる結果になる場合があります。本ページに記載された予測値は、様々な仮定を元にした統計モデルにより導出された結果です。予測値は将来の経済や市場の要因に関する高い不確実性により変動し、将来の投資成果に影響を与える可能性があります。これらの予測値は、本ページ使用時点における情報提供を目的とするものです。今後、経済や市場の状況が変化するのに伴い、予測値の前提となっている仮定が変わり、その結果予測値が大きく変動する場合があります。シュローダーは予測値、前提となる仮定、経済および市場状況の変化、予測モデルその他に関する変更や更新について情報提供を行う義務を有しません。本ページ中に含まれる第三者機関提供のデータは、データ提供者の同意なく再製、抽出、あるいは使用することが禁じられている場合があります。第三者機関提供データはいかなる保証も提供いたしません。第三者提供データに関して、弊社はいかなる責任を負うものではありません。シュローダー/Schroders とは、シュローダー plcおよびシュローダー・グループに属する同社の子会社および関連会社等を意味します。本ページを弊社の許諾なく複製、転用、配布することを禁じます。