グローバル・ボンド戦略 マンスリーレポート 2023年9月

機関投資家のお客様専用のレポートです。個人投資家のお客様向けではありません。

2023年9月28日
globe-blue-background_945x470
マンスリーレター

市況

8月のグローバル債券市場は、主要国の国債利回りはまちまちの動きとなりました。米国は、卸売物価指数(PPI)の伸び加速や堅調な経済指標を受けて、政策金利が長期にわたって高水準で維持されるとの観測が高まり、月半ば過ぎまで長期債を中心に利回りが上昇し、10年債利回りは一時世界金融危機時以来の高水準に達しました。ただし、月末には、雇用関連指標で軟化の兆候がみられたことを受けて国債利回りは低下し、これまでの上昇を一部相殺して月を終えました。月を通じては、2年債利回りは低下、10年債利回りは上昇となりました。欧州は、欧州中央銀行(ECB)発表の月次調査でインフレ期待が低下したことが利回りの低下要因となった一方、月中旬は米国の動きに伴い利回り上昇の展開となりました。月下旬は、低調な購買担当者景気指数(PMI)を受けて、翌月のECB理事会での利上げ見送りの可能性が意識され、利回りは再び低下しました。月を通じては、ドイツ10年債利回りは前月末比変わらずとなりました。英国は、賃金上昇率が集計開始後で最高を記録したことを受けてインフレ圧力の継続が懸念されるなか、中期債を中心に利回りが上昇しました。

8月の国債市場では、米国10年債の利回りは3.95%から4.10%に上昇、ドイツ10年債の利回りは2.47%で変わらず、英国10年債の利回りは4.31%から4.36%に上昇しました。 クレジット市場については、グローバル投資適格社債の対国債超過リターンは -0.13%と、国債をアンダーパフォームしました。

パフォーマンス

8月の超過収益は0.16%となりました。

金利戦略は、欧州の対米国でのオーバーウェイト(相対的な利回り低下を見込むポジション)は、月末にドイツ国債利回りの低下が進む中でプラスに寄与しました。また、スペインのオーバーウェイトも小幅にプラスとなりました。一方、米国のスティープ化ポジションや、月初に解消した豪州のフラット化ポジションはマイナスに寄与しました。

通貨戦略は、メキシコ・ペソのオーバーウェイト(対加ドル)はエマージング通貨が全般に軟調となる中、小幅にマイナス寄与となりました。ポジションは月初に解消しました。スウェーデン・クローナの対豪ドルでのアンダーウェイトは寄与は中立となりました。

クレジット戦略は、リスク性資産が軟調となったことから、米欧の投資適格社債の小幅なオーバーウェイトがマイナスに寄与しました。欧州社債スプレッドには、経済への懸念が概ね反映されたとみて、金融セクターの保有を増加したほか、高品質のキャリー追求を目的に、欧州カバードボンドの購入を継続しました。

投資行動・投資方針

インフレの鈍化に伴う米国経済の力強さを受けて、短期的には景気後退懸念は大幅に後退し、ソフトランディングの見方がますます大勢を占めています。一方で、政策金利が長期にわたって高水準を維持するとの見方が台頭しています。中央銀行が緩和姿勢に転じる主なカタリストの一つとして労働市場の軟化が挙げられますが、現時点では、雇用情勢は顕著な悪化には至っておらず、ヘルスケアなど一部のセクターでは雇用を拡大する余力がある状況です。

多くの主要経済指標は、米国とその他地域との乖離が広がっていることを示しています。中国の不動産問題は、国内と海外(特にユーロ圏)の両方でより広範な脆弱性を生み出していることから、その影響を注視しています。景気刺激策の観点からは、中国当局の対応は今のところ比較的慎重なものであり、市場に対する支援材料としては力強さに欠ける状況です。

利上げサイクルは成熟しつつありますが、インフレ率を目標に近づけるという政策当局の決意を示す表現は残されています。賃金上昇による二次的なインフレの影響により、インフレがピークに上昇するまでのスピードに比べてディスインフレの勢いは緩やかとなる可能性が高いと考えます。よって、当面、債券市場は当面は方向感を欠く展開となることが見込まれます。このような環境においては市場間の乖離を捉える相対価値トレードの有効性が高いと考えます。また、資本市場のボラティリティ(変動性)の低下継続が見込まれることから、インカム追求にとって好環境が継続すると考えます。質の高いクレジットセクターへの選好姿勢を維持いたします。

マンスリーレター

他のレポートを参照するにはこちら>>

本資料は、情報提供を目的としてシュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下「弊社」といいます。)が作成した資料であり、いかなる有価証券の売買の申込み、その他勧誘を意図するものではありません。弊社はお客様との投資一任契約の締結という形態にて機関投資家のお客様に運用戦略をご提供させて頂きます。本資料に示されている運用実績、データ等は過去のものであり、将来の投資成果等を示唆あるいは保証するものではありません。投資資産および投資によりもたらされる収益の価値は上方にも下方にも変動し、投資元本を毀損する場合があります。また外貨建て資産の場合は、為替レートの変動により投資価値が変動します。本資料は、作成時点において弊社が信頼できると判断した情報に基づいて作成されておりますが、弊社はその内容の正確性あるいは完全性について、これを保証するものではありません。本資料に記載された特定のファンドに関する情報は、本資料でご紹介する運用戦略等を説明するための参考情報として記載したものであり、当該ファンドの募集その他勧誘を目的としたものではありません。本資料中に記載されたシュローダーの見解は、策定時点で知りうる範囲内の妥当な前提に基づく所見や展望を示すものであり、将来の動向や予測の実現を保証するものではありません。市場環境やその他の状況等によって将来予告なく変更する場合があります。シュローダー/Schroders とは、シュローダー plcおよびシュローダー・グループに属する同社の子会社および関連会社等を意味します。本資料を弊社の許諾なく複製、転用、配布することを禁じます。
投資一任契約に基づいた運用を前提とするお客様へ 本資料に記載されている特定のファンドに関する情報は、本資料でご紹介する運用戦略等を実現する際に投資一任契約口座にて投資対象となりうる有価証券を例示することを目的としたものであって、弊社が当該ファンドの募集その他勧誘を目的としたものではありません。ご契約に際しては、必ず契約締結前書面をご熟読ください。
【費用等について】弊社が投資運用業としてお客様に資産運用サービスをご提供する際には、運用報酬の他、組み入れ資産の売買手数料、保管費用等をお客様にご負担いただきます。運用報酬及びその他の手数料、費用等は、契約の種類、契約資産残高、運用手法、及び運用状況等により異なるため、あらかじめその料率やその上限額等を表示することはできません。
【リスクについて】 受託資産の運用には、組み入れ有価証券等の価格変動リスク(ファンド等かかる有価証券等がさらに組み入れている対象物の価格変動リスクも含みます)、金利や金融市場の相場の変動リスク、十分な流動性の下で取引が行えない市場流動性リスク、及び株式やその他の有価証券の発行体の信用リスク等の影響を受けます。また、外貨建ての資産は、為替変動リスクの影響も受けます。また、デリバティブ取引を利用する場合、取引開始時に差し入れた証拠金の額を上回る損失が生じるおそれがあります。また証拠金の額や算出方法は取引の内容等により異なるため、取引の額の当該証拠金の額に対する比率は表示することができません。従って、これらの影響により組入れ資産の価格が変動して損失を生じ、投資元本を毀損する可能性があります。受託資産の運用によって生じた損益はすべてお客様に帰属します。

Topics

債券
グローバル
マンスリーレポート
外国債券(グローバル・ボンド)