日本株式 マンスリーレポート 2023年9月

機関投資家のお客様専用のレポートです。個人投資家のお客様向けではありません。

2023年9月22日
japan-sports-stadium

PDFでご覧いただくにはこちら>>

市場環境

8月は中国経済の減速懸念から一旦調整色が強まったものの、月末にかけては米国における利上げへの警戒感が後退して買い戻される展開となり。TOPIX(配当込み)では+0.4%と小幅な上昇となりました。日経平均は-1.7%と下落しており、大型株は調整局面となりました。TOPIX(配当込み)は年度初来では+16.7%となっています。


マンスリーレター

出所:Bloomberg

主要戦略運用パフォーマンス

市場動向としては、海運、鉱業、石油・石炭製品、鉄鋼などの資源関連、電気・ガス、食料品、医薬品などのディフェンシブ業種が堅調で、これまで弱かった不動産、小売などの内需関連も上昇しています。一方で、テクノロジーや機械、化学などは利益確定売りによるリバーサルもあって軟調でした。サイズで小型株優位、スタイルとしてはバリュー優位が継続しました。弊社の主要戦略のパフォーマンスはバリュー優位相場が継続して、オポチュニティやイールドは若干ながらアウトパフォーム継続、小型は銘柄選択で大きくアウトパフォームした一方で、コア、サステナブル、グロース、マイクロはアンダーパフォームが継続しました。



マンスリーレター

出所:Bloomberg、シュローダー、各戦略コンポジット(運用報酬控除前)、超過収益は対ベンチマーク、TOPIX配当込及びRussell/Nomura Small Capインデックス、Micro Capインデックス

他のレポートを参照するにはこちら>>

シュローダーの日本株式運用戦略の概要はこちら>>

動き始めた日本経済

竹爪 正樹

日本株式 日本株式 ファンドマネジャー

本コラムでは、日本株式運用チームのファンドマネジャー、アナリストが毎月入れ替わりで市場や業界での注目点、気になった話題などをご紹介します。

昔やっていたスポーツを久しぶりにやってみると、最初は動きがぎこちなくて身体が思うように動かないように感じられるのですが、だんだんと身体が昔の動きを思い出し、しばらくすると昔のようにスムーズに動けるようになるものです。

「失われた30年」と言われ、長らく成長率の低下に苦しんできた日本経済もここにきて漸く活性化してきた、言い換えれば、30年振りに経済が動き始めた感があります。

これまではデフレマインドの蔓延や人口減少などの構造問題を背景に将来への悲観が強まり、消費者は支出を抑制し預貯金などの安全資産への貯蓄を選好するなど生活防衛を優先させてきました。また多くの企業も、国内での数量成長があまり期待できない中では、有形/無形資産の成長を抑制し、規模の拡大や成長投資などよりも利益率やバランスシートの改善を優先してきました。言うなれば、日本国内では消費者も企業も大きく動くことなく身をひそめてきたようなものです。

ところが、ここにきて経済環境が大きく変化しつつあります。長らくデフレの状況にあった国内でもインフレ基調への転換の動きが強まっており、人手不足の高進も相俟って、賃上げの流れも強まっているように思われます。インフレ、すなわちモノやサービスの価格上昇は、それ自体では企業の利益成長に寄与するものですが、値上がりしたモノやサービスを購入する消費者の購買力もそれに見合って改善していなければ、持続性はありません。その観点からも、足元の賃上げ、すなわち購買力改善の流れが持続するかが重要になります。

また、企業においても、国内の生産資本の老朽化や人手不足の高進といった問題や、インフレ、すなわち価格決定力の改善による将来見通しの改善などを背景に、設備投資の積極化や生産性改善への取り組みを強化したり、あるいはバランスシートの余剰資本の活用による成長投資や資本効率の改善施策を導入するなど、自社の成長性や効率性を高める動きが積極化しつつあります。

もちろん30年振りに動き始めただけあって、経済にはまだまだぎこちなさが残るところは多々あります。労働市場の流動性は依然として低く、転職や中途採用などを通じた人的資本の再配分による人手不足の緩和や生産性の向上は緩やかなものに留まっていますし、国内での有形/無形資産投資の増加もその投資効果を見極めていく必要があります。

しかし、30年ぶりに経済が動き始めたことは確かであり、当初の動きがぎこちなくとも、時間の経過とともに、国内投資の回復、生産性の改善、資本効率の改善、所得向上、安定的なインフレ、などと経済がスムーズに動き始めることが期待されます。

株式投資に携わる立場としては、このような大きな変化が起きつつある環境下では、過去の経験や先入観に引きずられることなく、虚心坦懐に市場や企業と向き合い、こうした変化から生じる様々な投資機会を見出していきたいと思います。


本資料は、情報提供を目的としてシュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下「弊社」といいます。)が作成した資料であり、いかなる有価証券の売買の申込み、その他勧誘を意図するものではありません。弊社はお客様との投資一任契約の締結という形態にて機関投資家のお客様に運用戦略をご提供させて頂きます。本資料に示されている運用実績、データ等は過去のものであり、将来の投資成果等を示唆あるいは保証するものではありません。投資資産および投資によりもたらされる収益の価値は上方にも下方にも変動し、投資元本を毀損する場合があります。また外貨建て資産の場合は、為替レートの変動により投資価値が変動します。本資料は、作成時点において弊社が信頼できると判断した情報に基づいて作成されておりますが、弊社はその内容の正確性あるいは完全性について、これを保証するものではありません。本資料に記載された特定のファンドに関する情報は、本資料でご紹介する運用戦略等を説明するための参考情報として記載したものであり、当該ファンドの募集その他勧誘を目的としたものではありません。本資料中に記載されたシュローダーの見解は、策定時点で知りうる範囲内の妥当な前提に基づく所見や展望を示すものであり、将来の動向や予測の実現を保証するものではありません。市場環境やその他の状況等によって将来予告なく変更する場合があります。シュローダー/Schroders とは、シュローダー plcおよびシュローダー・グループに属する同社の子会社および関連会社等を意味します。本資料を弊社の許諾なく複製、転用、配布することを禁じます。

投資一任契約に基づいた運用を前提とするお客様へ 本資料に記載されている特定のファンドに関する情報は、本資料でご紹介する運用戦略等を実現する際に投資一任契約口座にて投資対象となりうる有価証券を例示することを目的としたものであって、弊社が当該ファンドの募集その他勧誘を目的としたものではありません。ご契約に際しては、必ず契約締結前書面をご熟読ください。 【費用等について】弊社が投資運用業としてお客様に資産運用サービスをご提供する際には、運用報酬の他、組み入れ資産の売買手数料、保管費用等をお客様にご負担いただきます。運用報酬及びその他の手数料、費用等は、契約の種類、契約資産残高、運用手法、及び運用状況等により異なるため、あらかじめその料率やその上限額等を表示することはできません。 【リスクについて】 受託資産の運用には、組み入れ有価証券等の価格変動リスク(ファンド等かかる有価証券等がさらに組み入れている対象物の価格変動リスクも含みます)、金利や金融市場の相場の変動リスク、十分な流動性の下で取引が行えない市場流動性リスク、及び株式やその他の有価証券の発行体の信用リスク等の影響を受けます。また、外貨建ての資産は、為替変動リスクの影響も受けます。また、デリバティブ取引を利用する場合、取引開始時に差し入れた証拠金の額を上回る損失が生じるおそれがあります。また証拠金の額や算出方法は取引の内容等により異なるため、取引の額の当該証拠金の額に対する比率は表示することができません。従って、これらの影響により組入れ資産の価格が変動して損失を生じ、投資元本を毀損する可能性があります。受託資産の運用によって生じた損益はすべてお客様に帰属します。

Topics

日本
株式
マンスリーレポート
日本株式