シュローダー・グリーンコート、セミリキッド・エネルギー転換戦略の運用を開始

シュローダー・グループのプライベート・アセット部門、シュローダー・キャピタルにおいて再生可能エネルギーおよびエネルギー転換関連のインフラ運用を専門に担うシュローダー・グリーンコートは、Schroders Capital Semi-Liquid Energy Transition Fund(以下、当戦略)の運用開始を発表しました。

2024年2月1日
energy-transition-trends-q4

シュローダー・キャピタルは、収益の源泉を分散する新たな投資機会となるプライベート・アセット投資と、エネルギー転換への投資機会に対してお客様のアクセスを強化することを目的としたセミリキッド戦略の拡充を図っており、当戦略はそのうち最新のものです。

当戦略により、シュローダー・グリーンコートは、長期的な視点で低流動のインフラ資産に投資するとともに、投資家に対してより柔軟で容易にこうした資産への投資機会を提供できることになります。

シュローダー・グリーンコートは、再生可能エネルギーとエネルギー転換インフラの運用で10年を超える豊富な経験を有します。当戦略は、欧州のサステナブルファイナンス開示規則(SFDR)で第9条に分類され、エネルギー転換を支えるさまざまな資産に資本を投下する予定です。

再生可能エネルギー発電はエネルギー転換の根幹です。当戦略は大規模な風力発電所や太陽光発電所へ投資を行います。また、クリーン水素、蓄電池、地域暖房、充電インフラ、送電網、炭素回収など、エネルギー転換を支えるその他のインフラも投資対象となります。特に米国と欧州に着目しつつ、世界の多様な技術やプロジェクトに投資を行います。

シュローダー・グリーンコート ポートフォリオマネジャー ダンカン・ヘイルのコメント:

 「エネルギー転換は、お客様のポートフォリオへの影響力が大きい投資テーマの1つであり、こうした投資にアクセスする魅力的な時期にあります。当戦略は、エネルギー転換インフラへの直接投資を通じて、プライベート・アセットへのアクセスを拡大し、お客様にプラスのリターンをご提供するという私たちのコミットメントを示すものです。」

「2050年までにネット・ゼロを達成するには、大きな変化とエネルギー・インフラへの投資が必要です。当戦略は、魅力的なリターンを提供するだけでなく、投資家のポートフォリオに分散効果をもたらす、エネルギー転換に関わる投資機会を提供します。」

「当戦略によって大きな変化に貢献できることを誇りに思います。シュローダー・グリーンコートの10年超にわたる経験と運用実績を土台に、エネルギー転換を支援しつつ投資家の皆さまに価値をお届けできるものと確信しています。」