臨時レポート

エマージング株式:2016年の見通し

2015年12月18日

アラン・コンウェイ

アラン・コンウェイ

エマージング株式ヘッド

  • エマージング株式市場に対する投資家心理はここ数年悪化基調にあり、一部の投資家は、投資する意義にすら懐疑的な見方をしています。
  • 足元の悲観論は行き過ぎであり、短期的な見方に基づいていると考えられます。より長期的な観点から、エマージング株式市場への戦略的な投資は、引き続き魅力的であると考えます。
  • エマージング株式市場の強固なファンダメンタルに投資家の注目が集まれば、株式市場は2016年に再評価されると考えます。但し、そのためには米ドル動向と中国経済の先行きに対する不透明感が解消に向かうことが必要と考えられます。

米ドル動向の安定化が不可欠

 エマージング株式市場は、これまで米国の金利正常化に対する不透明感が懸念材料となり、利上げ再開時期を巡って、変動性の高い市場環境となってきました。2015年通期では、為替市場で米ドル高(実効為替レート)が進む一方、他の主要通貨が弱含む展開となってきました。このことから、市場参加者は過去1年程度をかけて、米国の金利引き上げを織り込んできたと考えられます。

 但し、例え米連邦準備制度理事会(FRB)が、利上げ再開を決定したとしても、それで全ての不透明感が解消されるわけではありません。なぜなら、FRBの政策決定は引き続き経済指標次第で変わりうるためです。しかし、利上げに対する先行き不透明感が解消することについては、前向きに捉えられると考えています。なお、シュローダーのエマージング株式運用チーム(以下、「当運用チーム」)では、米国の経済成長は今後も緩やかなペースで拡大し、利上げ幅は通常の経済サイクルにおける利上げ幅よりも低位にとどまる可能性が高いと考えています。その中、米国の利上げによるエマージング株式市場への影響について、過去事例を考察すると、一様ではなかったことが示されています。但し、少なくとも過去2回の金融引き締め時には、エマージング株式市場への資金フローは、純流入となりました。

 一方、足元では、米国と欧州・日本との間で金融政策の方向性に差があり、米ドルが対他通貨で上昇する結果となっています。また、米ドル高は、エマージング株式市場が先進国株式市場に劣後する一因となってきたと考えられます。またこの状況は2016年にかけても当面続く可能性はあります。しかしながら、市場参加者の間で米ドルが対他通貨で十分に上昇したとのコンセンサスが形成され、米ドル高が一服し、安定化すれば、エマージング株式市場が上昇基調に戻るものと考えています。

経済成長の大きなマイナス材料はない

 先進諸国の経済成長は引き続き緩やかなものに留まると考えておりますが、 2016年は、エネルギー価格の下落が景気への支援材料になると考えられます。また、欧州中央銀行(ECB)が量的金融緩和の延長を表明しており、一段の景気支援策もプラス要因になると見ています。これは、企業業績の回復が遅々とする一方、経済が改善の兆しを見せつつあるエマージング諸国にとっても、プラス要因となると予想されます。

 2015年は、中国の景気減速懸念や政策に対する不透明感が、エマージング株式市場のマイナス要因となっていましたが、2016年はそれらの懸念が後退すると考えられ、エマージング株式市場のプラス要因になると予想されます。また、当運用チームでは、一部市場参加者が懸念する「中国経済のハードランディング」についても、過度に悲観的な見方であると考えます。産業主導の経済成長を目指す「かつての中国」では、当局が社会的・政治的圧力から、業界再編を進めず、構造改革は不成功となっていました。しかし、これは、中国に対する見方の一部にすぎません。一方で「現在の中国」は、構造的に成長が見込まれる消費関連や情報技術関連の業界がけん引し、投資主導の成長から脱却を図りつつあります。2015年は、約10年ぶりに個人消費の伸びが投資の伸びを上回る見込みです。但し今後については、不動産市場の状況が個人消費に直接的な影響を及ぼすことから、不動産市場の状況を注視する方針です。

 また中国当局には、依然として必要に応じて景気支援策を実施する余地があります。これまでにも財政・金融政策を実施してきましたが、今後も一段の政策実施が予想されます。今後も、中国の経済成長率は、長期的な安定成長水準へ向かい、緩やかに減速すると見られますが、金融緩和等の政策により失速はなく、2016年も安定成長するものと考えています。中国経済のハードランディングに対する市場参加者の懸念が、完全に払拭されないにしろ、後退することは、エマージング株式市場にとってプラス要因になると見ています。

エマージング諸国の抱える問題と成長機会

 その他のエマージング諸国においても構造改革が進められており、GDP成長率の押し上げ要因になるものと考えられます。例えば、インドでは、政治改革により長期的な経済成長の達成が期待されます。世界最速のスピードで経済大国となった中国を猛追しつつあります。しかし、インドの株式市場は、過大な期待を背景に総じて割高な水準にあると判断しています。一方、ブラジル経済の先行きについては不透明感が高いと判断しています。当局は、財政健全化策を進めようとするも、金融引き締め策の実施とコモディティ市場の低迷を背景に、改革の進捗は遅々としています。今後も財政・金融政策が継続し、バランスシートの調整が進められれば、景気は回復軌道に回帰すると考えられますが、短期的には政情不安リスクが高まっています。その他、欧州のシリア難民問題など、世界各地で地政学的リスクが高まっています。ただし、地政学的リスクが高まれば、その影響はエマージング諸国だけに留まるものではなく、世界的に波及するものと考えています。

 その中、米国の金利正常化により、エマージング株式市場間の相関は低下すると見ており、今後、エマージング株式運用においては、国別配分の重要性が高まると考えています。

株式市場の見通し

 エマージング株式市場は、ここ数年投資家心理が悪化基調にあり、資金流出が続いてきました。また、過去3年間連続でエマージング株式市場のリターンが先進国株式市場を下回ってきました。その結果、株価バリュエーションは、他資産との比較においても足元、魅力的な水準となり、先進国株式市場との比較においても、PERで大幅に割安な水準にあります。

 エマージング諸国が2015年初に直面していた問題のいくつかは、2016年にも解決されずに残ると考えられます。しかし、足元の市場参加者のエマージング株式市場に対する悲観論は行きすぎであり、上記の様々な政策や改革が進展し、中国経済のハードランディングが回避されるなど、エマージング諸国の景気が回復軌道に回帰するほか、先進諸国の底堅い景気回復が続き、市場参加者の過度に弱気な見方が解消されれば、エマージング株式市場は再び上昇基調に戻ると考えています。また、FRBの利上げが小幅なものにとどまり、米ドルが安定化すれば、市場参加者の関心は、再びエマージング諸国企業の強固なファンダメンタルに集まり、株価が再評価されるものと予想しています。

 

本資料は情報提供を目的として、シュローダー・インベストメント・マネージメント・リミテッドが作成した資料をシュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社が抄訳・編集したものであり、如何なる有価証券の売買の申し込み、その他勧誘を目的とするものではありません。なお、本資料は、作成時点における弊社が信頼できると判断した情報に基づき構成されておりますが、内容の正確性あるいは完全性については、これを保証するものではありません。また、将来の投資成果を示唆あるいは保証するものではありません。本資料中のコメントはシュローダー独自のものであり、必ずしも一般的なものであるとは限りません。本資料で示した見通しおよび分析結果等は、作成時点の考えに基づくものであり、将来、予告なく変更する場合があります。シュローダー/Schrodersとは、シュローダーplcおよびシュローダーグループに属する同社の子会社および関連会社等を意味します。