地球環境のために

気候変動に取り組み、世界の資源を保全する
Icon_Cog

野心的な科学的根拠に基づく目標

Science Based Targetsイニシアチブによって認定された、気候変動目標を設定しています。

Icon_Clean Energy_Turbine

ネットゼロへの道筋

「気候変動アクションプラン」に、自社事業とバリューチェーン全体でどのようにネットゼロに移行するかの概要が示されています。

Icon_Globe

クライメイト・ニュートラルな運営

私たちは脱炭素に重点をおいていますが、ネット・ゼロへの道のりにおいて、クライメイト・ニュートラル(気候中立)な運営を行っていきます。

ネットゼロへの取組み

パリ協定の目標達成に向けて、科学的根拠に基づく目標を設定

コミットメントには信頼性が必要です。私たちは科学的根拠に基づく野心的な目標と、再生可能電力とサプライヤーエンゲージメント目標を設定しています。これらの目標は、Science Based Targetsイニシアチブによって認定されています。

進捗のための行動計画

私たちは、事業運営からの温室効果ガス排出量をネットゼロにする取り組みを行っています。また、進捗状況を注意深く監視し、計画を遂行しています。 さらに、社用車をハイブリッド車や電気自動車に切り替える、再生可能電力を購入する、出張費を削減するなどの効率化をはかるとともに、サプライヤーも同様の対応ができるよう支援を行っています。 目標と進捗状況の詳細は、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)レポートの最新版をご覧ください。

移行中も、クライメイト・ニュートラルに

まず、自社の二酸化炭素排出量を削減し、バリューチェーンにも同じことを奨励しています。私たちの科学的根拠に基づく目標にはカーボンオフセットは含まれていませんが、自発的な炭素市場を支援することは、新興国の気候変動対策プロジェクトでイノベーションを促進するための資金が増えることにつながります。その結果、生物多様性の保全、汚染の防止、雇用の創出など、更なる利益がもたらされることにもなります。

当社は業界もリードしたいと考えています

2020年、Net Zero Asset Managersイニシアチブの創設メンバーとなりました。また、自然資本を投資の主流テーマとして発展させることを目的としたNatural Capital Investment Allianceのメンバーでもあります。現在、CDPの気候変動質問書では、上位水準のA-を獲得しています。

「私たちは、投資先企業に求めるのと同じ価値観と基準を、自社のビジネスにも適用しています。野心的な目標を設定することは、正しいというだけでなく、業務運営を効率化し、従業員が取り組みの一端を担うことにもつながります。

Richard Keers

Chief Financial Officer

野心的な目標の設定と進捗の確認に役立っているパートナーやメンバーシップの例:

CDP_logo_Primary_RGB(1)

Climate Action 100_Participant (1)

RTZ_RGB_PURPLE

SBTi_CWG-INF-005 SBT

RE100---Brand-Guidelines

IIGCC Logo_BlueWhite_RGB

ダウンロード(英語版)

Slide 1 of 4
Task Force on Climate-Related Financial Disclosures Report 2021
Climate Transition Action Plan 2021
Group Climate Change Position Statement
Group Nature and Biodiversity Position Statement