資産運用サービスを通じてよりよい未来への貢献を目指す

シュローダーは、グループCEOの強いコミットメントのもと、
投資収益と社会全体の利益の双方を追求し、ESG要素を取り込んだ運用を実践し続けています。

長期投資に欠かせない尺度、ESG

ステークホルダーとの関係構築がカギ

企業には、顧客や投資家、従業員のほか、取引先、地域社会、環境など、企業の意思決定や活動にかかわる多くのステークホルダー(利害関係者)がいます。ステークホルダーの利害や関心事項は、企業の業績や事業に大きく影響します。目先の利益を優先させ、ステークホルダーとの関係を欠くと、企業価値や信頼を損ないます。環境(E)、社会(S)、ガバナンス(G)という世の中の3つの大きな課題に向き合うことで、ステークホルダーとのより良好な関係を構築することが可能となり、長期にわたる企業価値の向上につながると考えます。

5年後、10年後の企業の姿を想像するのに、ESG課題への取り組み姿勢を見ることは不可欠といえます。

資産運用は3.0時代へ
-リスク、リターンに次ぐ第3軸「インパクト」

資産運用においては、リスクに見合ったリターンを求めます。しかし、最近では、リターンに加えて、環境や社会に対するポジティブな影響、つまりインパクトを求める動きが広がりつつあります。証券投資によりリターンを追求するようになった資産運用1.0時代、リスク分析が発展しリスク・リターンを軸に投資判断が行われるようになった資産運用2.0時代、そして今、サステナブル投資の進化により、インパクトが第3軸として加わった資産運用3.0の時代を迎えています。

企業活動が環境や社会にポジティブな影響を与えるか、そうした経営執行をガバナンスが支える仕組みがあるか。アクティブ運用においては、こうしたESG情報を企業評価に用いています。

シュローダーのESG投資

20年超

1998年から続くESG投資経験

 

A+

国連責任投資原則(PRI)6年連続で最高評価のA+*

 *PRIの2015年~2020年評価レポート

2020年

社内認証制度に基づきESGインテグレーション完了

 

本ページに関するご留意事項

 本ページは、情報提供を目的として、シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社が作成したものであり、いかなる有価証券の売買の申し込み、その他勧誘を目的とするものではありません。本ページは法令に基づく開示書類ではありません。本ページは、作成時点において弊社が信頼できると判断した情報に基づいて作成されておりますが、内容の正確性あるいは完全性については、これを保証するものではありません。本ページに示されている運用実績、データ等は過去のものであり、将来の投資成果を示唆、保証あるいは約束するものではありません。本ページ中にシュローダーのコメントが含まれる場合、かかるコメントはシュローダー独自のものであり、必ずしも一般的なものであるとは限りません。また、本ページ中のシュローダーのコメントは、当該コメントを提供した本人もしくは当該運用チーム等のコメントであり、他のシュローダーの資料やページ等に含まれるコメントと必ずしも一致しません。本ページに見通しや分析結果等が含まれる場合、当該見通しや分析結果等は、作成時点の考えに基づくものであり、市場環境やその他の状況等によって将来予告なく変更する場合があり、またこれらは将来の投資成果を示唆、保証あるいは約束するものではありません。シュローダーとは、シュローダーplcおよびシュローダー・グループに属する同社の子会社および、関連会社等を意味します。