/ja-JP/sysglobalassets/global-assets/capabilities/lens_thick_light.svg

シュローダーの分散投資
(マルチアセット運用)

何に投資したらよいか?を解決

シュローダーの分散投資(マルチアセット運用)は、世界中の幅広い資産に分散投資し、さらに市場環境の変化に合わせて資産配分を変更します。機動的に資産配分を変更することで、長期的に安定した運用成果が期待できます。

進化する分散投資

2008年のリーマンショック以降、投資対象を拡張し機動的に資産配分を変更する新しい分散投資「マルチアセット運用」が一般的になってきています。

シュローダーの分散投資(マルチアセット運用)の特徴

  • リスク(価格変動)に見合う優れたリターン(収益)を追求

株式や債券など各資産の魅力は市場環境や時間によって常に変化するので、シュローダーの分散投資(マルチアセット運用)では、充実した体制で各資産の分析や評価を行っています。こうした分析や評価を通じて機動的に資産配分の変更を行い、同時に価格が下落するリスクを抑えることで、リスク(価格変動)に見合う優れたリターン(収益)の獲得を目指します。

 

  • 徹底したリスク管理

優れたリターン(収益)を追求するには同時にリスク管理を行うことが重要です。シュローダーの分散投資(マルチアセット運用)では、徹底したリスク管理を行い、価格が下落するリスクを抑えることを目指します。

 

  • 世界の投資家から支持

シュローダーでは1947年から分散投資(マルチアセット運用)を開始しており、長く豊富な実績を有しています。分散投資(マルチアセット運用)の運用資産総額は約9兆円(2018年末現在)に上り、世界の投資家から支持されています。

 

  • 充実した運用体制

ファンドマネジャー、アナリスト、エコノミストなど、約100人のマルチアセット運用スペシャリストを擁しており、シュローダー・グループに在籍する数多くの運用スペシャリストが持つ情報へのアクセスが可能です。

投資対象資産の例

資産配分変更の例

シュローダーの分散投資(マルチアセット運用)
ファンドのラインアップ

本ページに関するご留意事項
本ページは、情報提供を目的として、シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社が作成したものであり、いかなる有価証券の売買の申し込み、その他勧誘を目的とするものではありません。本ページは法令に基づく開示書類ではありません。本ページは、作成時点において弊社が信頼できると判断した情報に基づいて作成されておりますが、内容の正確性あるいは完全性については、これを保証するものではありません。本ページに示されている運用実績、データ等は過去のものであり、将来の投資成果を示唆、保証あるいは約束するものではありません。本ページ中にシュローダーのコメントが含まれる場合、かかるコメントはシュローダー独自のものであり、必ずしも一般的なものであるとは限りません。また、本ページ中のシュローダーのコメントは、当該コメントを提供した本人もしくは当該運用チーム等のコメントであり、他のシュローダーの資料やページ等に含まれるコメントと必ずしも一致しません。本ページに見通しや分析結果等が含まれる場合、当該見通しや分析結果等は、作成時点の考えに基づくものであり、市場環境やその他の状況等によって将来予告なく変更する場合があり、またこれらは将来の投資成果を示唆、保証あるいは約束するものではありません。シュローダーとは、シュローダーplcおよびシュローダー・グループに属する同社の子会社および、関連会社等を意味します。